- エンタメ福福

羽生結弦・ハビエル・フェルナンデス・宇野昌磨・金博洋がフィギュアスケート男子シングルSP100点超えキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!フリー世界最高得点で羽生くん金メダル!?

羽生結弦・ハビエル・フェルナンデス・宇野昌磨・金博洋がフィギュアスケート男子シングルSP(ショート)
100点超えキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!フリー世界最高得点で羽生くん金メダル!?

 まさかのフィギュアスケート男子シングルSP(ショート)が
羽生結弦選手ハビエル・フェルナンデス選手・宇野昌磨選手・
金博洋選手
が共に100点超え・・・。

1位 羽生結弦 111.68
2位 ハビエル・フェルナンデス 107.58(スペイン)
3位 宇野昌磨 104.17
4位 金博洋 103.32(中国 )


 そして、羽生くんのライバルと目されていた
ネイサン・チェン選手(米国)がまさかの82.27で
17位という予想外過ぎる結果に。

 羽生くんの圧巻の演技に動揺したのか、
初めてのオリンピックの雰囲気に飲まれたのかは
分かりませんが・・・。

 TBS系生中継で元SMAPの中居正広さん

「羽生選手の生ドキュメントを見ているような、
こんなドラマチックなことあるのかな」


と感動してましたねえ。(ドラマでもこうはいくまい!)

 ケガの影響と少し痩せた様子が少々
心配だったのですが、今回の完璧演技で
完全復活の狼煙(のろし)を上げた感が
ありました。

 羽生くんとハビエル・フェルナンデス選手は
前回のソチオリンピックにも出場していますから、
やはり、この二人が金メダルに一番近いかなと
思われます。

 でも、宇野昌磨くんのフィギュア団体の演技から
男子シングル好調の流れは今一番のピークに
来ている気もしますし、金博洋選手のまるで
雑技団のような完璧さも非常に気になる・・・。


 いや、やはり異次元のスケーター、羽生くんが
世界最高得点で金メダルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

日本初金メダルは羽生結弦で決まりね!?


日本に金メダルを!!



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(スポーツナビ・デイリースポーツ)

羽生結弦、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)はショパンの「バラード1番」!13時48分に登場!「大好きな1番滑走、しっかりと全部出したい」ネイサン・チェン&宇野昌磨は?(改題&加筆)

羽生結弦、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)はショパンの「バラード1番」!13時48分に登場!
「大好きな1番滑走、しっかりと全部出したい」ネイサン・チェン&宇野昌磨は?(改題&加筆)

羽生結弦(23・ANA)選手が平昌五輪のフィギュアスケート男子
ショートプログラム(SP)の最終グループ一番目ということで
13時48分に演技がスタートするそうです。(目指すは金メダル!

SPはショパンの「バラード1番」をチョイス。
(3度目のショパン「バラード1番」)

4回転ループ、2種類のスピン、3回転アクセル、
4回転トーループ-3回転トーループ、ステップシークエンス、
足換えコンビネーションスピンの構成で滑るとか。


 練習時間では開始7分で完璧な4回転トウループを、続いて
4回転サルコー、4回転ループを決めたそうでケガの
影響はなさそうで一安心ですね。
(しかし、朝8時に練習とは時間早すぎ!)

 取材陣の練習後の質問で、
「意識や重圧はあるか?」
の問いに

「いや。特にないです。誰が取ろうが、僕も取ります」

と即答。

 「本当に順調に計画通りできている。
リラックスしながらできているので、非常にいい。
今は何の心配もなく滑れる幸せが大きい」

 「なによりも大好きな1番滑走なので、
1番滑走を楽しみながら。本当に大好きな曲で
滑ることができるので、その楽しさだとか、
自分が勝ちたいという気持ちも含めて、
しっかりと全部出したい」。


 米国代表のネイサン・チェン(18)が正直、
気になる存在ではありますが、
(チェン選手のコーチ、ラファエル・アルトゥニアン氏
地元アメリカでの評価があまり良くないそうですが・・・)
宇野昌磨選手は滑走順は最後から3番目で
チェン選手の後の模様。

「こんなにやる気が出ているのは久々」
「(羽生選手との競演は)多分楽しめるかな」

闘志メラメラで良い感じ。
(頼もしいですね!)

 とはいえ、
金メダル候補(宇野くんも!)の結弦くんの演技に期待!!

(加筆)

 NHKのニュース。
日本カーリング女子が韓国に勝利したのに
まるでお通夜のように暗かったですね。
(日本チームがミスしたら韓国観衆「イエ~イ」って
喜んでたとか・・・でも最後は日本勝利したけど!)

 フィギュアスケート男子、中国系のスケーター多いから
どんな反応するか、今から気になります・・・。

応援してます!



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(スポーツ報知)

小室哲哉の引退宣言で小室関係の音楽ビジネスは急激に 需要増も、ワケあり?ですぐ引退とはいかない!?

小室哲哉の引退宣言で小室関係の音楽ビジネスは急激に 需要増も、ワケあり?ですぐ引退とはいかない!?

つい先日引退宣言をした小室哲哉さん
お仕事の方は絶好調!

 浅倉大介さんとのユニット「PANDORA」
デビューアルバムを2月7日にリリース
2月6日にはNHKの音楽番組『うたコン』にも生出演、
プロデュースしている5人組アイドル「Def Will」には
自身が作ったグループのtrf「寒い夜だから…」、
dos「Baby baby baby」
のカバーの曲を14日に
配信するなど順調そのものです。

 「安室奈美恵が引退1年前に発表して
閉店セールを大きく盛り上げているのに似て、
いま小室関係の音楽ビジネスは急激に
需要を増やしていて、売り上げ倍増は確実」

 「自発的な音楽活動だけ引退っていうのは、
ほかからオファーがあれば仕事をするということなので、
実際には引退ではなく仕事の縮小なんだけど、
“引退宣言”のおかげで、しばらく小室作品のセールスは
好調になるよね」(共に音楽関係者の話)


 まあ、業界的には”引退ビジネス”でガッポリ儲けられて
ホックホクといったところでしょうか?

前出の音楽関係者氏は「週刊文春」さんの報じた
不倫スキャンダル→記者会見でKEIKOさんの病状と
介護の話からの引退宣言で世論が小室さんへの
同情に変わった一連の経緯を

『小室の商品価値は逆に上がる結果になった』

と分析。

 「この騒動に、もし仕掛け人がいたのなら、
うますぎる逃げ方。ゴシップのおかげで、
もうけが倍増したと言ってもいいぐらい」

(前出の音楽関係者氏)

 随分、皮肉たっぷりですね・・・。

 ただ小室さんビジネスが需要増でも
簡単に引退させてもらえないのでは?と
語っている人もいます。

 それは、

 「かつての詐欺事件をめぐる弁済が終わってないから」

との見方があるからだというのです。

 それは2009年に有罪判決を受けてた詐欺事件のこと。

  『小室はブームの終焉による人気凋落と、
事業失敗や散財によって経済的に苦境に陥っていた06年、
日本音楽著作権協会に登録している約800曲の著作権を
知人男性に10億円で譲渡する仮契約を結んだ。

さらに、前妻のASAMIが離婚の慰謝料として差し押さえている
著作権利用料の解除費用として5億円の先払いを要求し、
実際に5億円を受け取ったが、実際には小室は著作権を
エイベックスなど音楽関連企業に譲渡していて所持しておらず、
知人から民事裁判を起こされたことで一度は6億円の
弁済をすることで和解していた。

 しかし、小室は得た金を借金返済も含めて散財しており、
最終的に巨額の詐欺事件となって08年に逮捕された。

被害者に対する弁済金は、エイベックス・グループの
松浦勝人代表が立て替えたといわれるが、
小室は懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を受けたのだ。』

( 「日刊サイゾー」さんより抜粋)

 「日刊サイゾー」さんが掲載しているところ、
いまだ表になっていない被害がほかにも
存在するとのこと・・・。

 ある音楽制作会社の代表が語るには、
小室さんに騙されて数千万円の損害を被ったそうですが、

「刑事事件にはしなかった」

と話しているとか・・・。

 音楽ライター氏は実際に音楽制作会社の代表に
話を聞いたところ、

 「訴えれば小室の商品価値はさらに下がって
金の回収が難しくなっていたし、表にしたことで、
他の被害者と債権の奪い合いになってしまう。
そこで、小室の関係者を通じて、内々に、
少額ずつ、長期にわたる回収をしてもらっている」


と語ったらしいです・・・。

 この話もよくわからないですが、似たような話を
一部メディアでも報じたことがあったそうで、
同じ人なのか、違う人なのかは不明。

 これが事実だとすると、小室さんは
自転車操業的に返済をしているのかな?

 ただ、小室さんのような音楽オンリー、
音楽に身を捧げてきたタイプの人が
詐欺を自分から考えて実行したとは
正直、考えにくいかなと思いますけどね。

 誰か本当の首謀者というか、小室さんに
詐欺をそそのかした人がいた可能性のほうが
高いような気がしますが・・・。

 「日刊サイゾー」さんによれば
ほかにも複数の音楽関係者が小室さんが関係した
詐欺事件の被害を明かしているそうです・・・。

 『実際に小室がそうした被害者たちに
極秘の弁済を続けているのかはわからないことだが、
いずれにせよ引退宣言とは名ばかりで仕事継続している裏には、
何か深い理由がありそうだ。』


と「日刊サイゾー」さん。

 うーん、体に気をつけてくださいねとしか
言えない・・・。

何ともはや・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.