ニュージーランド発! 死ぬ寸前の猫が、犬からの輸血で助かった! - エンタメ福福

ニュージーランド発! 死ぬ寸前の猫が、犬からの輸血で助かった!

ニュージーランド発!
死ぬ寸前の猫が、犬からの輸血で助かった!

ニュージーランドの「ニュージーランド・ヘラルド」などが
報じたニュースで死ぬ寸前だった猫が、犬からの輸血で
助かったというイイ話
を「東京スポーツ」様が掲載!

ニュージーランドのタウランガに住むキム・エドワーズさんは
現地時間16日、自宅で愛猫のマギー・ロリーくん(オス、7歳)が
ぐったりしているのを発見、動物病院に連れて行くと、
殺鼠剤であるネコイラズを誤って食べてしまい、死にかけていると
診断されたそう。

動物病院の獣医のケイト・ヘラー医師が
「輸血して全身の血を入れ替えないとすぐに死んじゃいますよ。」
と緊急輸血の必要性を訴えたものの、肝心のマギー・ロリーくんの
血液型が分からない。

猫の血液型は3種類で猫には自然抗体があり、別の血液が
輸血された場合、死んでしまう可能性が高いとか!

また、猫は1匹から25㏄程度しか採血できないので
今回のケースでは血液が足りなさ過ぎる。
しかし、大型犬なら1匹から200㏄もの採血が可能ということで、
ヘラー医師が仰天提案!


「犬から輸血をしましょう! 死ぬかもしれないけど、
死ぬとしても5日間くらいかかる。
それまでに型が合う猫の血を輸血すればいいんです。」


まさにスゴイ提案ですね。
ワンコの血液をネコくんに、とは普通思いかないというか、
ギリギリの選択なことは明らか。

しかし、エドワーズさんも愛猫のため決意します。
エドワーズさんは知人に頼み、飼っているラブラドルレトリバーから
輸血をしてもらうことに!
そのおかげでマギー・ロリーくんの命はなんと、助かったのです。


22日時点でマギー・ロリーくんは元気だとか。(良かったね!)

ヘラー医師は
「異種間輸血はやったことがないけど、輸血しなければ
確実に死ぬという状況だったので、やるしかなかったのです。」

と語っています。

一か八かの勝負を賭けたわけで、
その結果が吉と出て良かったですが。(ほっ)

「東京スポーツ」様の記事では
『アメリカの国立生物工学情報センターの文献によると、
猫は犬の赤血球抗原に対する自然抗体を持っていないため、
犬の血液を入れても凝固するなどの拒絶反応が起きないのだという。』

『ただし、一度、犬の血が猫に入ると、1週間以内に抗体が作られる。
そのため、1週間後に犬から2度目の輸血を受けると、拒絶反応が起き、
死んでしまう可能性が高いようだ。』

とのこと。

イヌからネコへの輸血という方法はやはり、一時しのぎ的な
方法だということのようです。(だよねー)


マギー・ロリーくんには1度助かった命なので、
出来るだけ長生きしてほしいものです。


★9割って・・・。(涙)★



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)


(東京スポーツ)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.