ムロツヨシ&吉岡里帆共演「たーたん」ドラマ化制作中止か?「セクシー田中さん」プロデューサー担当もキャストから制作に異論?|エンタメ福福

ムロツヨシ&吉岡里帆共演「たーたん」ドラマ化制作中止か?「セクシー田中さん」プロデューサー担当もキャストから制作に異論?

ムロツヨシ&吉岡里帆共演「たーたん」ドラマ化制作中止か?「セクシー田中さん」プロデューサー担当もキャストから制作に異論?

 ムロツヨシさん吉岡里帆さん共演で
小学館「ビックコミックオリジナル」で連載中の
西炯子先生原作の「たーたん」ドラマ化が
制作中止
になると「文春オンライン」さん
掲載されています。

 このドラマ「たーたん」はドラマ「セクシー田中さん」
と同じ日テレと小学館、同じプロデューサーが担当
というもの。

 「セクシー田中さん」は原作者の芦原妃名子先生
原作を改変され、トラブルに発展、芦原さんは栃木県の
ダムで自殺を図ったとみられると警察が発表する事態に。

 その悲しみが癒える間もなく、再びのマンガ原作の
ドラマ化、同じプロデューサーが担当ということで、
大きな波紋を呼んでいたのですが・・・。

 「文春オンライン」さんの21日付記事によると、
「制作中止がスタッフに告げられた」とその当時の
様子が掲載されています。

 「21日午前に監督をはじめ、衣装や撮影、照明の
メインスタッフ約20人が『今後について話がある』と
日テレ本社に集められました。日テレのプロデューサーが
説明の場に立って『私たちは(ドラマを)やりたいと思って
いるが、周りの反響などを見ると今はできない。別の企画を
やりましょう』と”中止”が伝えられました。チーフプロデューサー
の三上絵里子さんは来ていませんでした」(ドラマ制作スタッフ)

 「実はその前日に、日テレと小学館を交えてドラマを
どうするか激論が交わされていた。中止か延期の
可能性が濃厚でしたが、結局、“中止”という結論に
なったのです」(小学館関係者)


 「文春オンライン」さんによると、ドラマ版「たーたん」の
脚本で早くも原作を改変したことが判明
したそうで、
ドラマ化中止に一気に傾いたのだとか。

 また記事には、ムロツヨシさんからドラマ制作に
“異論”が出た
とも伝えられていたそうですね。

 業界内では他のキャストの所属事務所からも
強い不安の声が上がり始めていたこと、さらに
スポンサーの動向も気になることから、「制作中止」の
判断につながった可能性も指摘されているのだとか。


 これらの動きが「たーたん」ドラマ化の制作を
止めたことで、「セクシー田中さん」の二の舞を
踏まずに済んだと言えるでしょう。

 とはいえ、4月期のドラマはどうなるのか、
気になるところですが・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー・文春オンライン)

2024.02.21 | Edit
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.