ジャニーズJr.担当元マネージャーX氏が「ジュニア6人に性加害と本人が告白」と文春砲・・・。|エンタメ福福

ジャニーズJr.担当元マネージャーX氏が「ジュニア6人に性加害と本人が告白」と文春砲・・・。

ジャニーズJr.担当元マネージャーX氏が「ジュニア6人に性加害と本人が告白」と文春砲・・・。

 「週刊文春」さんの最新号では
ジャニーズJr.担当元マネージャーX氏が
「ジュニア6人に性加害と本人が告白」

したとの記事を掲載したそうです・・・。

 常々、複数人の元ジャニーズJr.から
名前が挙がっていたのが、ジュニア担当の
マネージャーのX氏。


 「Xさんもジャニーさんみたいに、ジュニアの子に
手を出していた。やはりジャニーさんのように、
お金を渡していたそうです」(元ジュニア)


 ジャニー氏のそばで働くマネージャーも、また、
ジュニアに性加害を行っていたという事実。
 
 現在はジャニーズ事務所を離れているX氏は
「週刊文春」さんの取材に未成年ジャニーズへの
性加害は事実と認めたそうです・・・。

 もともとジャニーズの人気グループのメンバーAくん
熱心な追っかけだったX氏はAくんの登校時の“警備”を
自主的に行っていたところ、事務所からスタッフにならないか
と声がかかり、1990年代前半、20歳の時にジャニーズ事務所に
入社。

 Aくんのグループや別グループのマネージャーを経験後、
ジャニー氏の下、2000年頃までジュニア担当のマネージャーを
一人で務めたといいます。

 基本的に一人でジュニア40人に平日の番組、ドラマ、
取材などの連絡を電話しなければならず、

「もう気が狂いそうなほど忙しかった」

と語るX氏。

 「(芸能界は)ちょっと神経が図太くないといけない。
すごく良い子がいたけれど、学校のテストで1カ月
休んだときに辞めてもらったことがある。ここで
スレていくより、まともな人生を送ってほしいときは、
次の仕事の連絡を入れない。気になる子は
ジャニーさん、また連絡するだろうし」(X氏)


 性加害に手を染め始めたのはジュニアの担当に
なってからだそうで・・・。

 「毎日、気の狂いそうなぐらい忙しい中、
そういう人たちの集団という風に見えて。
デビュー前の横並びの人たちと(仕事を)
しているから、歳は離れていても、感覚的に
一緒に感じたこともある。それで仲良く喋って
いるときに、本当に自分が悪いんだよ、
自分が犯した罪なんだけども、『エッチしよう』
と言った」(X氏)


 行為はエスカレートして、10代のジュニアに対し、
口○性交をすることに、躊躇がなくなったそうです。

 「『いいじゃん、いいじゃん』という感じで、6人くらいと
そういうことをした。そのうち3人には数千円を渡した。
一緒に東京ディズニーランドに行ったりした子もいる」
(X氏)


 相手は高校生ぐらいのジュニアが多く、時には
「嫌です」と断られることも。

 ジャニー氏からJr.担当を任されていた立場を
利用していた性加害、ジュニアの中でも、X氏の
ことが噂になっていきました・・・。

 当時のX氏に罪の意識は?との問いに

 「もちろんあったよ。だからあるジュニアに
『ちょっと、やりすぎじゃない?』と言われ、
それからは二度としませんでした。その子には
感謝しています」(X氏)

 ジャニー喜多川氏もJr.担当元マネも
「タレント食い」していたと・・・。

 感覚が麻痺していると言いますか、
「赤信号、皆で渡れば怖くない」
地で行っている感じですね。

 残念を通り越して呆れてしまいます。
(また、ジャニーズファンが悪く言われる
じゃない!)

 それにしても、「週刊文春」さん
かなり綿密に取材をし、計算高く記事に
しているのが窺えます。

 これはまだ他のスキャンダルも隠し球として
持っているかもしれません。

 続報が気になりますね・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(週刊文春)

2023.06.08 | Edit
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.