エリザベス女王の夫・故フィリップ殿下が収集していたUFO情報「ロイヤルXファイル」が公開される可能性は?|エンタメ福福

エリザベス女王の夫・故フィリップ殿下が収集していたUFO情報「ロイヤルXファイル」が公開される可能性は?

エリザベス女王の夫・故フィリップ殿下が収集していたUFO情報「ロイヤルXファイル」が公開される可能性は?

 エリザベス女王陛下が崩御され、
国葬の生中継を拝見しましたが、
悲しみとともに愛があふれた
国葬でありました。涙が出ました・・・。

 ご冥福をお祈りいたします。・・・。

 さて、
エリザベス女王陛下の夫で、
2021年に亡くなった故フィリップ殿下
70年間もUFO目撃情報などを収集し、
研究してきたことはUFOマニアには
有名な話。


 英紙デイリー・スター紙はフィリップ殿下が
調査してきたUFO情報「ロイヤルXファイル」が
公開される可能性が浮上している
と伝えている
そうです。

 また、UFOマニア(イギリスの人かな?)は
その研究結果を公表すべきだと主張している
とか・・・。
 
 殿下が宇宙好きであることは知られ、1969年の
アポロ11号の月面着陸に夢中になり、後に3人の
宇宙飛行士がバッキンガム宮殿を訪問、殿下が
大喜びして、こと細かに話を聞いたらしいです。

 UFO研究はじめたきっかけは1955年、
叔父の故ルイス・マウントバッテン卿から
UFO話を聞いたことだとそうです。

 マウントバッテン卿の家で、レンガ職人の
フレッド・ブリッグス氏がUFOと接近、遭遇
した話でブリッグス氏は自転車をこいでいる時、
地面の上に巨大な金属製の円盤状の物体を発見。

 そこから、人影が出てくるのを見た瞬間、
〝謎の力〟によって自転車と共に倒れてしまい、
その間に円盤はなくなっていたとか・・・。

 英国の元防衛参謀長でもあったマウントバッテン卿、
その話をフィリップ殿下に語ったことからUFO研究に
のめり込んだといわれるらしい・・・。
 
 フィリップ殿下は人生の多くを宇宙人を調査することに
費やし、王室のパイプを使って、膨大なUFO情報を
収集していたとか・・・。(話が壮大になってきた・・・)


 1991年~94年まで英政府のUFOデスクを務めた
元国防省の役人ニック・ポープ氏いわく、
「フィリップ殿下と英空軍で仲間だったピーター・ホースリー卿は
何年にもわたって宇宙人の目撃情報をひっそりと調査していた。
殿下は最先端情報に目を光らせ、UFO雑誌を購読し、目撃者が
いたら宮殿に呼んで話を聞いていた」

と語っていたそう。

 なるほど・・・。

 「フィリップ殿下は叔父のマウントバッテン卿の助けを借りて、
英国政府が持っていた過去すべてのUFO情報を手に入れ、
UFOについての膨大な研究をまとめた」
(調査ジャーナリストのリンダ・モールトン・ハウ氏)


 事実ならば、すごい資料ですよね・・・。

 ただ、UFO専門家は
「殿下が集めてきた情報はセンセーションすぎるため、
死後、秘密にされた」

と主張。

 現在、彼ら、UFO専門家はそれを「ロイヤルXファイル」と呼び、
情報公開を迫っているとか・・・。(頑張れ・・・)

 「ロイヤルXファイル」の今後が気になります・・・。

親しみが
さらに湧いて
きました。



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(東スポWeb)

2022.09.23 | Edit
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.