マラドーナ氏(享年60)死去でアルゼンチン検察庁が調査、娘2人が聴取されていた!|エンタメ福福

マラドーナ氏(享年60)死去でアルゼンチン検察庁が調査、娘2人が聴取されていた!

マラドーナ氏(享年60)死去でアルゼンチン検察庁が調査、娘2人が聴取されていた!

 ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)
昨年11月25日に死去して、アルゼンチンのみならず
世界のサッカーファンが悲しみましたが、
その死にある疑惑が持ち上がっているそうです。


 マラドーナ氏の死去については、
当時の医師や医療チームの過失などが
疑われているそうで、アルゼンチンの
ブエノスアイレス州のサンイシドロ検察庁が
本格的な調査に着手。

 マラドーナ氏の娘ジャンニーナさん(31)と、
2014年に実の娘と認知されたジャナさん(24)
今月26日にアルゼンチンの検察庁に行き、
聴取を受けたようだとスペイン紙「ムンドデポルティボ」
報じたとのこと。


 なんでも、マラドーナ氏が携帯電話を
2台所持して、その履歴を確認しており、
医療関係者とも連絡を取り合っていた
2人の娘も事情を聴かれた模様。

 娘達は生前のマラドーナ氏と頻繁に
連絡を取っては生活面をサポートしていた
そうです。

 また、サンイシドロ検察庁はマラドーナ氏の
治療に関わった主治医で脳神経外科医の
レオポルド・ルケ氏や、各分野のドクターや看護師、
心理カウンセラーらの聴取も実施しているとか。

 現在、検察庁は声明を出していないそうですが、
実際、何が起きていたのか、非常に気になるところです。

 サッカーを愛して、サッカーに愛された人でしたね・・・。
 
 そんなマラドーナ氏のためにも真相を解明してほしいです。

 ご冥福をお祈りいたします。


「神の手」は
有名。



(本日も読んでいただいてありがとうございました)

(東スポWeb)

2021.02.28 | Edit
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.