KEIKO(39)、病状は変わらず28日から新たな治療を開始 - エンタメ福福

KEIKO(39)、病状は変わらず28日から新たな治療を開始

KEIKO(39)、病状は変わらず28日から新たな治療を開始

TMの宇都宮氏が見舞いに来たそうです。

くも膜下出血で入院中の「globe」のKEIKO。
所属事務所のエイベックスの発表によると病状に変化はなく、意識はあるものの
言葉は話せない状態が続いているという。

小室哲哉(52)はKEIKOの入院以来、病院に泊り込み状態だったが、
「無理してでも睡眠を取るため」と28日に自宅に戻ったそうです。
(自宅に帰っても本人曰く「100%不眠症ですね」だそうですが)

小室はツイッターでKEIKOの病状を
今日の桂子(本名)は可愛い幼稚園児の様な、僕の顔をつねって遊んだり頭を撫でてくれたり、
決して笑顔は絶やさず僕を、癒してくれていました。正直、不思議な感覚の日々が続いています。

と小室自身の心境と共に綴っています。

28日から「二つめの峠を越える治療になる」そうで、新たな治療を開始した模様。
1週間から10日が勝負といわれるだけに治療が功を奏してくれれば良いのですが・・・。


本日も読んでいただいてありがとうございました!


スポーツ報知・デイリースポーツ
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.