香取慎吾(元SMAP・41)ルーブル美術館で初個展、本当はショッピングセンターだった!?「スマップ元マネのI女史の巧みな作戦勝ち」 - エンタメ福福

香取慎吾(元SMAP・41)ルーブル美術館で初個展、本当はショッピングセンターだった!?「スマップ元マネのI女史の巧みな作戦勝ち」

香取慎吾(元SMAP・41)ルーブル美術館で初個展、本当はショッピングセンターだった!?「スマップ元マネのI女史の巧みな作戦勝ち」

  香取慎吾さん(元SMAP・41)がフランスパリの
ルーブル美術館で個展を開催しているとの報道で
日本では話題となっていましたが、それは間違いだと
まいじつ」さん。

 「今回の件を、多くのメディアは
“香取がルーブル美術館で個展!”
と報じていますが、個展が行われる
シャルル5世ホールは、ルーブル美術館に隣接する
商業施設内の“無料展示スペース”です。
長蛇の列と言ってもお金を払って見に来ているわけではない。
なのに異様に香取を持てはやす風潮に、
ネット上では『恥ずかしい』『こんな作品が日本で
評価されていると思われちゃうのか…』と
批判的な声が相次いでいます。そもそも今回の企画も、
香取個人の能力が認められたわけではなく、
『ジャポニスム2018』の広報大使を務めていたことが
きっかけのコネでしょうね」
(芸能記者)

 所属事務所は
 「現地時間午前9時の開場前から会場を取り囲むように
長い行列ができ、オープン後も列は途切れずに続いた。
フランス、日本だけでなくドイツ、香港、ロンドンなどからも
観客が訪れた」
と伝えていたのですが、それも実はフェイク?

 そのショッピングセンター「シャルル5世ホール」には
アップルストアやスターバックスなどの複数のテナントが
入っていて、日本で言えば、東京渋谷駅の地下街
「しぶちか」
のような場所なのだそう。

 「バズプラスニュース Buzz+」さんでは
『「(この場所での個展は)ある程度のお金を出せば
ほぼ誰でもできる」
といわれており、その価値に関して疑問視する声も
出ている。』
と一刀両断です。(確かに・・・)

 今回の『ルーブル美術館での香取くんの初個展』は
元スマップのマネージャーで現在、香取さん、稲垣吾郎さん、
草彅剛さん
のマネジメントをしているI女史(飯島三智さん)
仕掛け人と思われますが、「まいじつ」さんはそれを

 「今回の件も、I女史の巧みな作戦勝ちだろう。
メディアをうまく利用してタレントの価値を上昇させる
I女史の剛腕ぶりは凄い。」


と高評価。

 そう言えば、以前ビートたけしさん
ベネチア国際映画祭に招待された時、
木村拓哉さんが映画祭とは関係のない
ホールでレッドカーペットを敷いて映画の
宣伝をしていたと。

 で、たけしさんが帰国したら
日本のTVで「キムタクの主演作が
ベネチア国際映画祭のレッドカーペットに
登場!」
と言っていて驚いちゃったと。


 I女史の手腕は流石としか言いようがないでしょう。
(木村さんの「閂村」伝説もこれに繋がるというわけね・・・)

 『一方で、I女史を失ったジャニーズ事務所は、
スキャンダル報道をコントロールできず、批判まみれとなっている。
やはりジャニーズ事務所は、貴重な人材を失ったようだ。』


と「まいじつ」さん。

 タレントさん的には箔がつくけど、
日本人はウソをつかれるのは好きじゃないから
どうでしょうね、この手法。

 I女史にしたら、タレントに対する親心(&商売)で
やったことなのは理解できるけど。

 今はSNSで簡単にバレてしまうご時世なので、
この手の手法が廃れる日も近いのかな?

がんばりましょう!

 

(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(まいじつ・バズプラスニュース Buzz+)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.