槇原敬之の事務所元代表で恋人の奥村秀一(金太郎)が覚醒剤逮捕で初公判!テレビ各局は「槇原さんの楽曲を流すことに抵抗を感じ、自主規制するかも」との声も!? - エンタメ福福

槇原敬之の事務所元代表で恋人の奥村秀一(金太郎)が覚醒剤逮捕で初公判!テレビ各局は「槇原さんの楽曲を流すことに抵抗を感じ、自主規制するかも」との声も!?

槇原敬之の事務所元代表でパートナーの奥村秀一(金太郎)が覚醒剤逮捕で初公判!テレビ各局は「槇原さんの楽曲を流すことに抵抗を感じ、自主規制するかも」との声も!?

シンガーソングライターの槇原敬之さん
事務所元代表で私生活でもパートナーと言われている
奥村秀一被告(42)が3月16日、東京・港区芝浦の
自宅マンションで、覚醒剤取締法違反により逮捕され、
5月10日初公判が東京地裁で行われました。


奥村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた模様。

検察は冒頭陳述で
「2013年ごろには覚醒剤の使用を再開していた」
と指摘するなど、以前から入念に奥村被告の行動を
確認をしていたようだと「東スポWEB」さん。

 なぜなら、この奥村被告は1999年8月に
槇原さんが覚醒剤所持で捕まった時に
一緒に逮捕された人から!


 新宿歌舞伎町二丁目のゲイバーで
「金太郎」という源氏名でメディアにも登場するほど
有名だった奥村被告。

 当時は槇原さんと同居するなど「恋人」と報じられました。

 槇原さんをよく知る人物は「東スポWEB」さんに
「奥村被告は槇原の長年のパートナー。
被告がシャブを使用したマンションで
同居していた時期もあります」

と断言し、つい先日まで槇原敬之さんの
事務所代表に就任するなどを考えると2人が
深い関係だったことは想像に難くないでしょう。

 この事件でザワザワしているのがテレビ各局であると
東スポWEB」さん。

 槇原さんにヒット曲が多く、自身の曲の
「どんなときも」「もう恋なんてしない」などのヒット曲&
解散したSMAPの名曲「世界に一つだけの花」
代表されるように人に提供したヒット曲の扱いが問題とか。

 「槇原さん自身が逮捕されたわけではないが、
楽曲を流すことに抵抗を感じ、自主規制するテレビ局が
出てくるかもしれない」
(テレビ関係者)

 この日夜、槇原さんの所属事務所は逮捕前の3月12日に
奥村被告を解任していた理由について

「代表としての役務不履行によるもので、
今回の事件とは全く関係ないことでございます」
「在職中から使用していたことに関しましては
全く知りえないことでした」


と文書で説明したそうです。

 今後が気になりますね・・・。

歌に罪はないけれど・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(東スポWEB)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.