山口達也メンバーを「大ごとになる前にクビにしなさい!」とジャニーズの“女帝”メリー喜多川副社長が言っていた!?契約解除の舞台裏とは? - エンタメ福福

山口達也メンバーを「大ごとになる前にクビにしなさい!」とジャニーズの“女帝”メリー喜多川副社長が言っていた!?契約解除の舞台裏とは?

山口達也メンバーを「大ごとになる前にクビにしなさい!」とジャニーズの“女帝”メリー喜多川副社長が言っていた!?
契約解除の舞台裏とは?

TOKIO山口達也メンバーが6日に
ジャニーズ事務所から契約解除を通達されました。

 しかし、つい数日前までは「無期限謹慎処分」
はずでした。

 それが急転直下の契約解除

 この急展開について「日刊サイゾー」さんは

『それが突然の心変わりなのだから、この連休中に
“何か”があったのだろう。

 その“何か”をひも解く上で重要なのは、
ジャニーズの“女帝”メリー喜多川副社長の存在だ。』


と掲載しています。

 実はメリー喜多川副社長

 「山口達也を大ごとになる前にクビにしなさい!」

と言っていたらしいのです。

 「今回の件に関しては、一貫して『山口は解雇しなさい』と
繰り返していました。SMAP騒動と違い、今回は
刑事事件にもなりましたし、何よりジャニーズのファン層には
女子高生も多い。毅然とした対応が求められると
考えたのでしょう」
(舞台裏を知る芸能関係者)

 これを聞いたTOKIOのメンバーは慌てて
先月30日にメンバー全員が参加の緊急会合を開催。

 「そこで山口から辞表を手渡された城島は
メリーさんではなく、ジャニー喜多川社長に連絡した。
メリーさんに対抗できるのは、ジャニーさんしかいない。
ジャニーさんは城島の意を汲み、異例のコメントを公表した」

(舞台裏を知る芸能関係者)

 メリー喜多川副社長の「山口メンバーの解雇」発言で
「無期限謹慎処分」から「契約解除」「TOKIO4人体制」に
処分が変更され、何とかクビだけは免れた形となりました。

しかし、問題が全て終わったわけではないようです・・・。

 「メリー氏が『大ごとになる前に山口を切るべき』と譲らなかった。
事実、今週発売の週刊誌は事件が根底から覆るような
新情報を入れてくるという。今回はメリー氏のリスクヘッジが
正しかったのかもしれません」
(前出の芸能関係者)

 まだ噂ですが、余罪があるとか、もうひとり別の男性が
その場にいたとの話が出ていますが、それ以外にも
出てくる可能性も・・・。

 『山口がいなくなったからといって、
問題が収束するわけではなさそうだ。』


と「日刊サイゾー」さん。

 今週号の週刊誌、スポーツ紙などの
スクープが
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
となる!?

あの記事は凄かった・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.