”山口達也メンバーTOKIO謝罪会見”は「台本どおり」!?山口メンバー会見の批判から情に訴える作戦は大成功!?(改題) - エンタメ福福

”山口達也メンバーTOKIO謝罪会見”は「台本どおり」!?山口メンバー会見の批判から情に訴える作戦は大成功!?(改題)

”山口達也メンバーTOKIO謝罪会見”は「台本どおり」!?山口メンバー会見の批判から情に訴える作戦は大成功!?(改題)

TOKIO城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さん、
長瀬智也さん
が強制わいせつ容疑で書類送検された
山口達也メンバーについて謝罪会見を行った裏事情を
マスコミ関係者氏が「Business Journal 」さんに語りました。

 マスコミ関係者氏いわく、

「TOKIO謝罪会見は台本どおり!?」

だというのです・・・。

「今、ジャニーズ事務所内では
メリー喜多川副社長から
藤島ジュリー景子副社長へ
権限移譲のさなかですが、
一連のSMAP解散騒動と
香取慎吾ら一部元メンバーの退所、
そして退所した3人の活躍、
嵐メンバーの相次ぐ熱愛発覚、
子会社社長の自殺、関ジャニ∞の
渋谷すばる脱退などが続き、
事務所としての力の弱まりが
指摘されています。そんななか、
もし山口が退所となれば、そうした動きに
拍車がかかり、ジュリーさんの経営手腕を
疑問視する空気が出てくる可能性もある。
そのため、ジュリーさんは社内で
山口を1年後くらいに復帰させる意向を示したものの、
反対する意見もあり、方針が決まらない。
そこで、TOKIOのメンバーが山口の退職願を預かる
というかたちにして謝罪会見を開き、
世論の反応をみようと“観測気球”を上げたのです」

(マスコミ関係者氏)

 TOKIOのメンバーが謝罪会見をしなければ
ならなかった理由として 山口メンバーが行った
会見の失敗をあげています。

 事務所の顧問弁護士が
「過ちで、ひとりの人間の未来が
すべて奪われてしまうことは私たちも
望んでおりません」
との被害者の両親のコメントを紹介したり、
「またTOKIOとしてやっていけたら」と
山口メンバーが不用意に発言するなど
早期の芸能活動復帰に言及したことが
批判を浴びました。

 この批判がジャニーズ事務所にも向かいかねない
わけでTOKIOに連帯責任として謝罪会見を
行わせたのでは?というのがマスコミ関係者氏の意見。

 「山口の会見は逆効果でした。そこで、今度は
“世間の情”に訴える方法に出たのです。
実際、2日の会見でメンバーたちは
山口に対して厳しい言葉を投げつける一方、
簡単には山口を見捨てられないという
心の揺れを見せ、多くの視聴者を感動させました。
業界関係者から見れば台本通りなのは明らかですが、
会見は成功だったといえます」
(マスコミ関係者氏)

 TOKIOのメンバーが涙ながらに情に訴えるような
発言の数々は視聴者の心を揺さぶるものではありました。
(実際、国分太一さんは「ビビット」で連日謝っているし、
ニュース番組キャスターのジャニタレはいい迷惑でしょう・・・)

 ただ、あの謝罪会見自体、何が言いたかったのか、
よく分からない内容でしたが・・・。

 それもそのはず、会見したTOKIOメンバーたちの間でも
山口メンバーに対する感情には温度差があるとか・・・。

「事件直後からテレビ番組などで山口に対して
厳しい言葉を語っている城島が、一番怒っています。
もちろんリーダーとしての責任感もありますし、
今回の件で交際が報じられているグラドル菊池梨沙との
結婚時期が遠のいたこともあるでしょう。
次に怒っているのは国分で、帯の情報番組
MCを務めているゆえに当然でしょう。
この2人は山口の復帰には反対で、
松岡は揺れており、一番年下の長瀬は
他のメンバーの意向に従うという姿勢のようです」

(テレビ局関係者)

 ジャニーズ事務所、TOKIOの思惑とTV局の思惑も
随分温度差があるようです。

 「もともと山口をめぐっては、
『酒を飲ませてはいけない』
『女性スタッフをつかせてはいけない』
という決まりごとを定めている
テレビ局があるほどの“問題児”でした。
そこへきて、今回の未成年への
強制わいせつ事件ですから、
少なくてもテレビはどの局も
起用NGでしょう。このご時世、
山口を出演させたりすれば
テレビ局が視聴者から
バッシングを受ける危険も
ありますから」
(前出と別のテレビ局関係者)

これは山口達也メンバーの早期芸能界復帰は
無理でしょうね・・・。

城島茂さんです。
念のため。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(Business Journal)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.