「YES!高須クリニック」高須克弥院長が石田ゆり子・永作博美・檀れいをアラフィフ美女に推薦!?(加筆) - エンタメ福福

「YES!高須クリニック」高須克弥院長が石田ゆり子・永作博美・檀れいをアラフィフ美女に推薦!?(加筆)

「YES!高須クリニック」高須克弥院長が石田ゆり子・永作博美・檀れいをアラフィフ美女に推薦!?(加筆)

  「YES!高須クリニック」のCMでもおなじみの
高須クリニック院長の高須克弥氏の新著「炎上上等」
好評発売中ですが、美容外科としての視点から
芸能界のアラフィフ美女を選出。

 高須院長ご推薦のアラフィフ美女は
石田ゆり子さん(48)、永作博美さん(47)、
檀れいさん(46)
の3人。

 3人共、色白な童顔タイプなのが共通点かな。

 高須院長いわく、

 「僕は美容外科医だから、年齢に対して
若々しい “アンチエイジング度” の高い人を選びました。
年をとってしなびてくると急激に老け、魔法使いのような
顔になってくる。痩せ型に比べ、ぽっちゃり型は肌のハリ感、
細かいシワが目立たないし、若く見えます」


 ちなみに、しなびる(萎びる)とは、

『生気が衰え、または水分がなくなり、
若々しさ・みずみずしさがなくなる。衰えてしわがよる。』


とグーグルさんに書いてありました。(ノД`)シクシク

 アイドルグループ「ribbon」の元メンバーの
永作博美さん

 2009年には映像作家の内藤まろさんと結婚し、
2人のお子さんにも恵まれています。

 お風呂好きで、1時間半以上の長風呂が
美容法だそうです。

 「いつまでも子供みたいな顔が◎。
幼児っぽい顔は海外でもモテます」

(高須氏)

 檀れいさんは宝塚歌劇団出身で、
真琴つばささんの相手役として月組トップの娘役。

 宝塚時代には2度の中国公演に参加し
「楊貴妃の再来」という最大の賛辞が送られたとか。

 2015年には農林水産省の「日本食普及の特別親善大使」に
任命されただけあって、美の秘訣はお米を食べることらしいです。
(パンでは元気も声も出ないとか・・・)

 「骨格が立派だから、痩せたらひどい顔になるね。
若さと美貌は両輪だけど、若いころから変わらず美人」

(高須氏)
 
そして、「SmartFLASH」さんの読者人気1位が
石田ゆり子さん

 「彼女のようなたぬき顔は、
加齢が目立たないところがいいです」

(高須氏)

高須先生、せめて哺乳類顔と呼んで―。(TдT)

 1月下旬発売のフォトエッセー
「Lily--日々のカケラ--」
好評なゆり子さん。

 「大人になったいま」とのタイトルでは

『鏡のなかの自分の顔をまじまじと見ると、
その年なりの顔になったなあと思います。
でも、それはそれでちょっと嬉しいこと』

『「年を取るのが嫌だ」と思ったことはありません』


とも綴っています。

 年を取るのは止められないですから、
受け入れるしかないですものね。

石田ゆり子さんは吉永小百合さん(72)と
同じタイプだと高須院長。

 「現役で活躍してる大御所女優も皆そういう顔立ち。
アラフィフになれば脱ぐ機会なんてそうそうないんだから、
体はどうでもいい。大事なのは顔です。たぬき顔で
“日本人形” みたいなぽっちゃり美人は、息が長いですよ」

(高須氏)

高い化粧品使ったり、エステに行ったり、お顔のメンテをしたりなど
美への投資も惜しまない女優さんは嫉妬する!?

(加筆)
 高須克弥さんが 民進党に所属していた議員の国会での
発言に名誉を傷付けられたとして、美容外科「高須クリニック」の
運営法人が損害賠償などを求めた裁判。

 東京地裁は名誉毀損を認めずに
高須クリニック側の訴えを退けました。

 明らかに「YES!高須クリニック」のCMと思われる
発言だったんですが・・・。

あの透明感が
羨ましい・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(SmartFLASH・テレビ朝日)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.