水原希子、インスタグラムに某広告撮影ハラスメントをカミングアウトで墓穴掘る!?「広告関係者から見ればこれはクライアント批判」と広告業界関係者!! - エンタメ福福

水原希子、インスタグラムに某広告撮影ハラスメントをカミングアウトで墓穴掘る!?「広告関係者から見ればこれはクライアント批判」と広告業界関係者!!

水原希子、インスタグラムに某広告撮影ハラスメントをカミングアウトで墓穴掘る!?
「広告関係者から見ればこれはクライアント批判」と広告業界関係者!!

モデルの水原希子さんが過去の
某広告撮影でのパワハラ?をカミングアウト。

 なぜ水原さんがこのような告白を
したかというと、ダンサーのKaoRi氏
有名カメラマン、アラーキーこと、荒木経惟氏
パワハラを受けたという告発文をネットに
掲載したことから水原さんもインスタグラムの
ストーリー機能に公開したらしいです。

 ストーリー機能は24時間で消滅するのが
特徴ですが、今回の水原さんのインスタも
すでにネットではキャプチャー画像や
テキストのコピーが出回っていて
あっという間に拡散してしまいました・・・。

水原さんいわく、

 「20代前半の頃 ある企業の広告撮影」
で手で胸を隠しての撮影があったと説明。

撮影時、スタジオには
「多分上層部であろう20人くらいの社員の人達」
がいて、撮影中は見られたくないと伝えたものの、
「仕事だからと拒否できないんだよと言う理由」
で男性に上半身をさらした姿を見られたと告白。

 水原さんは
「あなたにとって女性とは一体何なんですか?」
とKaoRi氏が告発した有名カメラマン(荒木経惟氏と思われる)
に問いかけているのだそうです。

 でもですね、水原さんはお仕事でギャラもらって
すべて終わってからパワハラだと文句を言うのは
プロのモデルらしからぬ行為ではないかと
思われますが・・・。

 仕事も所属事務所が営業して
勝ち取ったものだろうし、しかも大手のお仕事でしょ。

 (それになぜ、KaoRi氏とは違うシチュエーションなのに、
それに乗っかろうとするのかもよくわからない・・・)


 しかし、この一連の水原さんの告白が
自らをマズい立場に追い込んでしまった
とは広告業界の関係者氏のご意見。

「水原はそのカメラマンを糾弾したかったんでしょうけど、
広告関係者から見ればこれはクライアント批判にも見えてしまいます。
撮影のシチュエーションを具体的に説明したことで、
ネット上では特定のクライアント名まで取りざたされています。
それは彼女が23歳の時に出演した、誰でも知っている
大手企業の広告。たとえその広告ではないとしても、
撮影現場にいた“20人くらいの社員”であれば、
『これって俺のことか?』と気づくことでしょう。
ともあれ今回の告白が、彼女にとって
プラスになることはなさそうです」


 インフルエンサーの木坂麻衣子さんこと、
Maiko Kissakaさん(@kissaka)

ツイッターで水原さんの告白について

 「いや、仕事としてのモデルは『モノ』だよ。
プロじゃなきゃモノにはなれない。そして
その仕事内容とモデル個人の尊厳とは別の話だ。
混同すべからず」

「仕事中に個人の個性だの意思をフィルムに残そうなんて
モデルはプロじゃないと思いますね。
モノになる、美しい人のカタチになりきるのは高度なプロの仕事。
マネキンではできないから人間に頼んでいるんですよ」

 「彼女には頭使って相手の意図を読む、モデルという仕事は
ハードル高いと思う」

と実に鋭いご意見をツイートしています。

その後も木坂麻衣子さん、

 「現場で写真確認しなくちゃいけないのは当たり前。
クライアントが立ち会わないでどうすんだ。バカなの?バイトなの?」

「水原希子ちゃんの事務所に広告代理店の
軍靴の音が聞こえてくるストーリー。」

「企業広告撮ってんだよ、モデル撮影会じゃないわけよ。」

 「チェックが必要なの立場の人間が男性だというだけで
仕事させないのは差別にならないの? 」

 「現場でブーたれ、しかも事務所飛ばして
今さらSNSでグダグダと。 たいしたプロですな。」

「こんなもんで数千万かけた広告にミソ付けられた
広告主は大迷惑。」

と木坂さん、止まりません。(分かります、その気持ち)

 水原さんが手ブラした大手企業の広告も
今はいい迷惑でしょうし、次からは水原さんに
お声はかからないかと・・・。

 子供へのさまざまな虐待や女性への性的暴行は
絶対に許されるものではないけど、仕事ならばプロとして
臨むべきだと思うし、嫌ならば断ることも可能なわけです。

 そのかわり、別な人がその仕事を引き受けて
有名になるかもしれませんが・・・。

 『ただ今回の告白に関していえば、具体的な現場について
言及したことにより「水原は使いづらい」となる恐れは
十分にありそうだ。』


「アサジョ」さん。

 どうなるでしょうね・・・。

へえー、水原さんも
載ってるの?



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(アサジョ・デイリーニュースオンライン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.