元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、深夜の“SMAP時間”会見にマスコミが批判!?ジャニーズ事務所に配慮も・・・。 - エンタメ福福

元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、深夜の“SMAP時間”会見にマスコミが批判!?ジャニーズ事務所に配慮も・・・。

元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、深夜の“SMAP時間”会見にマスコミが批判!?
ジャニーズ事務所に配慮も・・・。

元SMAP稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さん
地道ながら精力的に芸能活動をしています。

 新コミュニティー「新しい地図」を立ち上げ後、
3人が主演する映画『クソ野郎と美しき世界』
今月公開されました。

 4月20日まで期間限定で映画『クソ野郎と美しき世界』の
オリジナルグッズの販売や展示会が「POP UP SHOP」で
絶賛営業中。

 そのオープニングイベントが3月20日に開催され、
イベントにはマスコミ各社も呼ばれていたそうですが、
ここで問題が発生したと「Business Journal」さん。

 なんだかちょっと、気になりますね・・・。

 「3人の囲み会見も設けられていましたが、
その開始時間は20日といっても、19日の
深夜24時だったのです。新聞は直近の
朝刊の締め切り時間には間に合いませんし、
わざわざなぜそんな時間に設定したのか、
信じられません。実は業界内ではかつて
“SMAP時間”というのがあり、SMAP時代は
メンバー全員が多忙を極めていましたし、
5人全員が揃うこと自体が貴重なことだったので、
報道陣も“仕方がない”と割り切って
非常識な時間でも取材に出向きました。
しかし今の3人の会見を、緊急の内容でもないのに、
こんな時間に設定するのは、ただの非常識です。
飯島さんもSMAP時代の驕りが抜けないのでしょう」

(テレビ局関係者)

 “SMAP時間”・・・。

 SMAPの記事は需要あるから、
多少のワガママでも融通がきいたのかも
しれませんね。

 (今は”嵐時間”とかあるのだろうか?)

 ただ、別のテレビ局関係者は

「取材にカメラを出したテレビ局は、
テレビ朝日、TBS、読売テレビの3社だけで、
全国区での放送はどの局も自粛の様子でした。
ひとえにジャニーズ事務所への忖度ですよ。
ジャニーズと今の香取ら3人のどちらを
取るかと言われれば、一定の視聴率が見込めそうな
勢いのある若手アイドルをたくさん抱えた
ジャニーズと、全盛期はとうに過ぎた3人を比較すれば、
その答えは明白でしょう。今回、民放各局が
カメラを出すことさえ無駄だと判断しても、
おかしくないでしょう」

 
 ジャニーズ事務所に配慮していると・・・。
「嵐参り」なんてお話もありましたものね。

 やはり、ジャニーズ事務所のタレント抜きでは
今のTV番組は成り立たないということ?

 元SMAP3人の会見ではかつてなかった
光景も見られたそうです。

 「囲み会見なのに局のリポーターが来ていないだけでなく、
結局、イベント関係者による代表質問だけで
会見が終了しました。こんなことって、あるんですね」

(現場の様子を見ていたイベント関係者)

 かなりジャニーズ事務所に配慮してますね・・・。

『3人は独立直後からその活動が想定外の絶好調ぶりで、
業界内では「さすが飯島さん」と評判になるほどだったが、
ここにきてメディアを敵に回してしまうような事態は、
避けてほしいものだ。』


「Business Journal」さん。

  稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんには
逆境にへこたれることなく頑張って欲しいですね。


人生、山あり谷あり。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(Business Journal)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.