ビートたけしが森昌行オフィス北野社長の反論を掲載で「週刊新潮」に激おこ!!「新潮45」連載を降りると通告か!? - エンタメ福福

ビートたけしが森昌行オフィス北野社長の反論を掲載で「週刊新潮」に激おこ!!「新潮45」連載を降りると通告か!?

ビートたけしが森昌行オフィス北野社長の反論を掲載した「週刊新潮」に激おこ!!「新潮45」連載を降りると通告か!?

 ビートたけしさんがオフィス北野を独立して以降、
森昌行オフィス北野社長との舌戦が続いていますが、
出版社も巻き込んで本格的にこじれてまいりました・・・。

 3月22日発売の「週刊新潮」さんが
「『殿ご乱心』の声も上がる電撃独立の舞台裏」
とのタイトルで特集記事を組み、詳細を赤裸々に
掲載して話題になりました。

 複数の関係者が語るにはたけしさんが
「T.Nゴン」の共同経営者で愛人説もささやかれる
年下女性
「洗脳」「マインドコントロール」されている
状態だと掲載。

 この「洗脳」説に即、反応したのはたけし軍団でした。
 
 「その報道を受け、4月1日にたけし軍団が
オフィス北野の森昌行社長を糾弾する声明を発表すると、
4月5日発売号では、森社長の反論を掲載。
『新潮』は徹底して“反たけし”の立場を取っている。
ライバルの『週刊文春』(文藝春秋)も
“文春砲”を炸裂させるのかと思いきや、
こちらはたけしのほのぼのとした小説を掲載し、
独立騒動にはほとんど触れずじまい。
対照的な対応を見せています」
(出版関係者)
 
 「日刊サイゾー」さんは元々 ビートたけしさんの
不倫スキャンダルをぶち上げたのは「週刊文春」さん
であると掲載。

 確か100億円奥さんに払って年下女性と一緒になりたい!
と言っていたとか、いないとかでしたよね。

 「週刊文春」さんは今回のたけしさんの独立騒動の
掲載はこれと言ってないですね。

 それとは対照的に「週刊新潮」さんは「新潮45」
たけしさんの対談連載が掲載されているのにも関わらず、
強気でたけしさんの独立騒動を掲載。

 しかも、たけしさんと敵対している森昌行オフィス北野社長の
言い分をバックアップするように掲載・・・。

 これがたけしさんの逆鱗に触れたようで・・・。

 「当初、これまで味方だと思っていた『新潮』に
“裏切られた”ことで、たけしは大激怒し、
連載を降りると通告した。『新潮45』サイドも
『違う編集部』『違う雑誌』だと釈明するも、
たけしは『同じ会社』だとして一蹴、
決裂に終わったようです。その話は
他の出版社にも伝わり、たけしと関わりのある
媒体を持つ社は、慌てて自社の週刊誌や
WEB媒体の部署に『たけし騒動記事は掲載NG』と
“忖度”を要請しているといいます。
森社長の反論を掲載したのは、『新潮』なりの
意趣返しなのかもしれませんね」
(芸能記者)

ううむ、これが事実ならば一ファンとしては
複雑な気分・・・。

元々、たけしさんより、森昌行オフィス北野社長と
懇意だったのかなー、「週刊新潮」さん、新潮社さんは。

『 「たけしvs事務所」の構図が、
「たけしvs新潮社」に変わっていく可能性もありそうだ。』


と「日刊サイゾー」さん。

 だんだん単純な独立話ではなくなってきて、
ファンとしては不安なんですけどー!(ノД`)シクシク


怖いわ・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.