ビートたけし「オフィス北野」→「T.Nゴン」独立騒動で映画祭「東京フィルメックス」開催中止!? - エンタメ福福

ビートたけし「オフィス北野」→「T.Nゴン」独立騒動で映画祭「東京フィルメックス」開催中止!?

ビートたけし「オフィス北野」→「T.Nゴン」独立騒動で映画祭「東京フィルメックス」開催中止!?

 まさに「リアルアウトレイジ」状態と化した
ビートたけしさん「オフィス北野」→「T.Nゴン」独立騒動

 ビートたけしさん(71)の一連の独立騒動で
伝統の映画祭である「東京フィルメックス」開催が
中止の危機にあると「ZAKZAK(夕刊フジ)」さん。

 オフィス北野が運営にかかわっているとされる
「東京フィルメックス」。

 「東京フィルメックス」はアジア映画界の才能を発掘する
映画祭で、ダンカンさん(59)をはじめ、たけし軍団4人が
1日に投稿したブログで森昌行社長(65)批判とともに
オフィス北野傘下の映画関連事業「フィルメックス」にも
批判を展開。

 たけし軍団4人は「東京フィルメックス」が
年間4000万円超の人件費負担と、長年の赤字経営が
容認できないと指摘しているそう。

 東京フィルメックス(TOKYO FILMeX)とは
毎年秋に東京で開催される映画祭でアジアを中心
(中国・韓国・イラン・イスラエルが多いですね・・・)
に「作家主義」で独創的な作品を上映する映画祭らしいです。

 「東京国際映画祭よりも、アート色や
作家性が強い作品が選ばれており、
やはりたけしさんの影響が強い映画祭。
“世界のキタノ”の名前があるから
海外からの応募も増えていました」

(映画関係者)

 「オフィス北野」の森昌行社長(65)は2015年の
第16回から「東京フィルメックス」実行委員会の
理事長に就任しているそう。

 「映画祭を開催するには小規模であっても
1000万円近くかかる。フィルメックスが続いてきたのも、
たけしさんが節税対策でやっている文化事業だからとみられていた。
しかし、たけしさんが今後関与するか微妙になったことで、
映画関係者の間ではフィルメックスは中止されるのではないかと
ささやかれています」
(映画関係者)

 オフィス北野が運営している映画祭の事務局は
今回のオフィス北野お家騒動により影響を受けているようで・・・。

 「4月中にはマネジャーはほぼ全員退社するようです。
その他のスタッフも次々とやめており、業務の引き継ぎさえ
滞っているのが実情のようです」
(芸能プロダクション関係者)

 オフィス北野がこのような状態では映画祭の運営自体が
危ぶまれているそうです。

 「今年2月に行われた東京スポーツ映画大賞の授賞式で、
たけしさんは『自分が死ぬまでこの映画賞は続けたい』
と言っており、なんでそんなことを言うのかと思っていたが、
あの時点で、フィルメックスのほうはもう長くないかもと
思っていたのかもしれない」
(映画関係者)

 「東京フィルメックス」は初めて聞いた映画祭でしたが、
オフィス北野お家騒動でいろいろなところに影響が飛び火
しているようです・・・。

実は続編があったの。
「リアルアウトレイジ」(ノД`)シクシク

 

(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(ZAKZAK)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.