福山雅治“好感度ランキング”が下がるも、“福山ブランド”路線変更のチャンスに活かす!? - エンタメ福福

福山雅治“好感度ランキング”が下がるも、“福山ブランド”路線変更のチャンスに活かす!?

福山雅治“好感度ランキング”が下がるも、“福山ブランド”路線変更のチャンスに活かす!?

テレビ各局、CMスポンサー企業にとって
ひとつの指標となっている調査、
「テレビタレントイメージ2018年2月度調査」
ビデオリサーチ社が発表。

 「男性タレント」はマツコ・デラックスさん
「女性タレント」では、綾瀬はるかさん
1位を獲得。

 しかし、「日刊サイゾー」さんによると、
この調査のトップの常連だった福山雅治さん
順位が爆下げだと掲載。

 2015年までは別のタレントと首位争いをしていて、
8月度の調査では3位でしたが、9月に吹石一恵さん
結婚し、人気が下降したと言われています。

 17年2月度の調査では6位→16位(同8月度)、
20位(17年2月度)→12位(17年8月度)→27位
(18年2月度)と順位が下落。


 「福山自身も、この状況を理解していないわけではなく、
なんとか現状打破したいとの思いは強いようです。
12月放送を目標に、日本テレビが立ち上げた
新ドラマ製作プロジェクトに福山も参加。
主題歌と企画プロデュースを福山が、
お笑い芸人・バカリズムが脚本を担当することになり、
新たなことにチャレンジしようとしています。
俳優として米国進出も視野に入れているといいます」

(芸能関係者)

 「日刊サイゾー」さんはこの“好感度ランキング”の
爆下げの原因について掲載。

1,
テレビドラマ主演『ラヴソング』
(2016年4月期フジテレビ系)が平均8.5%(ビデオリサーチ調べ、
関東地区)と低視聴率&約2年間、出演がないということ。
(4月期の日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』
(同じ事務所・アミューズの後輩、吉高由里子さん主演)
で主題歌「失敗学」を担当)

2, 
 17年9月に公開の主演映画『三度目の殺人』が
スマッシュヒットを飛ばしたものの、『第41回日本アカデミー賞』で
福山さんだけ「優秀主演男優賞」に選ばれなかったこと、
2月公開の主演映画『マンハント』が
「ほとんど話題にもならず、案の定、壮絶爆死を遂げた。」
と「日刊サイゾー」さん。


「2017年にはジョン・ウー監督の中国映画
『マンハント』に主演しています。これは
高倉健主演『君よ憤怒の河を渉れ』のリメイクですが、
その内容はというと、いわゆるB級アクション映画であり、
これも福山のイメージにはないものでした」

(スポーツ紙記者)

 今は故郷の長崎県の観光PR動画『体感、長崎の島。』に
出演したり、菅田将暉さんと特別ユニット「菅田雅治」を結成、
福山さんのヒット曲「milk tea」セッションするなど、これまでとは
違った路線の仕事もしているとか。

「福山雅治といえば、日本を代表する人気者。
本人は気さくで面白い方ですが、所属事務所のアミューズは、
“福山ブランド”をものすごく大切にしていて、あまり
安い仕事はさせていなかったはずです。この長崎県の
動画についても、地元を応援するということは問題なくても、
本人が島になるという演出については、福山のイメージとは
ちょっと離れていて、これまで守ってきた“福山ブランド”を
覆すものであると思います。こういう仕事もするようになったのかと、
ちょっと驚きましたね」(芸能事務所幹部)

「あくまでも大先輩・福山と、後輩・菅田、という関係性ではありますが、
現状での人気や勢いを感じると、やはりメインは菅田といった
印象を抱く人も多い。いわば、福山は引き立て役になっているわけで、
これまでならあり得ない共演だったと思います」
(スポーツ紙記者)


 「吹石一恵と結婚したことで、如実に人気が低下したのでしょう。
独身時代は、かっこいいイメージを保つことで、
熱心な女性ファンを確保できたけど、結婚により、
それができなくなった。だから、今までとは異なる
客層にアピールするためにも、さまざまな仕事に
チャレンジしているのだと思います。もともと福山は、
好奇心旺盛でいろいろな仕事をやりたがるタイプでしたが、
イメージを重視する事務所の戦略で、泣く泣く断ることになっていた
仕事も多かったと思います。なので、この路線変更は、
福山本人にとっては、うれしい展開なのではないでしょうか」
(前出の芸能事務所関係者)

 故・高倉健さんの名作『君よ憤怒の河を渉れ』(1976)の
リメイク作だった「マンハント」、あのジョン・ウー監督らしく
二丁拳銃と鳩が飛び出し、ジョン・ウー監督ファンならば
楽しめた内容。

 福山さんの英語が少々残念だったとの声が
あったのも事実ですが、福山さん世代は
ジョン・ウー監督作品にはそれなりに
思い入れがあるので福山さん自身も大変ながらも
楽しんで演技していたのではと推察されます。

 以前はきっと好感度を気にして
「カッコいい福山雅治」を演じていたところも
あったのではないかと思われ、今はそんな
呪縛から逃れて自由に演技や音楽をしている
のかもしれないですね。

 これまでの“福山ブランド”の路線変更で
ピンチをチャンスに変えて活躍して下さい!

 応援してます!!


これからですよね!



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.