川崎宗則(ムネリン)、アキレス腱負傷・自律神経の病気以外にささやかれる深刻な病とは? - エンタメ福福

川崎宗則(ムネリン)、アキレス腱負傷・自律神経の病気以外にささやかれる深刻な病とは?

川崎宗則(ムネリン)、アキレス腱負傷・自律神経の病気以外にささやかれる深刻な病とは?

川崎宗則内野手が26日ソフトバンクホークスに
自由契約を申し入れ、球団側が意思を尊重した
ことから退団を発表しました。
 
 ムネリンこと川崎選手と言えば、
ハンサムな容姿はもちろん、明るい人柄と
アメリカン仕込みの野球プレイが人気でした。


 しかし、人工芝の影響などから脚の
両アキレス腱を負傷してしまいました。

 7月下旬からは福岡・筑後市のファーム施設で
リハビリを続けていたものの復帰は叶わず・・・。

 「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、
同時に自律神経の病気にもなり、体を動かすのを
拒絶するようになってしまいました。
野球から距離を置いてみようと決断しました」


と川崎選手は球団を通じてコメント。

 川崎選手の関係者は「TOCANA」さんに
語ります。

 「アキレス腱のケガよりもメンタル面の問題の方が大きい。
明るいキャラクターで親しまれる川崎選手だが、
実は繊細な性格で有名。思うように回復しない体と
チームに貢献できないもどかしさから、昨年から
うつ病に近い症状を訴えていた。体重も10キロほど落ち、
野球どころではなかった」


 川崎選手、自律神経の病気というより、
うつ病に近い?

 この関係者氏の言うことが事実ならば、
ですが・・・。

 「週刊ポスト」さんは川崎選手について
実父を取材したところ、

「何も答えられないんです。
でも、生きてますよ、ハッハッハッ」


と笑っていたそうですが・・・。

 「誌面には書かれていませんが、
実の父親とも意志の疎通が図れないほど、
川崎選手の病状は深刻なようです。
オフに入院させたようですが、快方とはいかず、
逆に心身ともに追い込むことになったそうです」

(事情通)

 「TOCANA」さんによれば一部情報では
尊敬する米大リーグ・マリナーズの
イチロー選手と離れたことが「病の一因なのでは?」
との憶測も上がっているそうですが、
それはどうでしょう?

 「とにかく、いまは彼が明るさを取り戻すことが最優先。
自由契約になったことで、肩の荷が下りればいいのですが…」

(スポーツ紙記者)

 『仮にうつ病だとして、それが悪化すれば、
最終的に自傷行為にも走りかねない。

実父も球団幹部も堅く口を閉ざす
“ムネリン”の今――。
日本球界の至宝だけに、急かさず
温かい目で見守ることが重要だ。』


と「TOCANA」さん。

 今はゆっくり心身を癒やすことに
専念して下さい。ムネリン。


いろいろあるよ、
人生は。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(TOCANA)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.