大杉漣さん急性心不全のため66歳で急死・・・。長男・隼平氏「急なことで整理がつかない」映画「ソナチネ」「HANA-BI」に起用のビートたけし(北野武監督)もショック・・・。 - エンタメ福福

大杉漣さん急性心不全のため66歳で急死・・・。長男・隼平氏「急なことで整理がつかない」映画「ソナチネ」「HANA-BI」に起用のビートたけし(北野武監督)もショック・・・。

大杉漣さん急性心不全のため66歳で急死・・・。長男・隼平氏「急なことで整理がつかない」
映画「ソナチネ」「HANA-BI」に起用のビートたけし(北野武監督)もショック・・・。

 キタノ映画の大杉さんが大好きでした・・・。

大杉漣さんが66歳で急性心不全のため
急死しました。


 テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ~
もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』

の20日の千葉県内での撮影に参加した 大杉さん。

 撮影を終えて宿泊先のホテルに戻って食事をとっていたところ
腹痛を訴え、松重豊さんと関係者らに付き添われて救急病院へ搬送。

 そのまま、21日の午前3時53分にテレビ東京の関係者、
同ドラマの共演者、そして家族に見守られながら最期を迎えた

オリコン」さん。

 『バイプレイヤーズ』3話は遺族、事務所、キャストの意向もあり、
予定通り放送されました。

 大杉さんと共演していた遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、
松重豊さん、光石研さん
とともに出演していた人気番組でした。

 また、大杉さんの長男で写真家の大杉隼平氏
仕事先の新潟県内で訃報を聞き、新幹線で帰京したとか。

 「元気な状態から体調が急変してしまって…。
急なことで頭の中の整理がつかない」

「役者やっている以外は、普通の父親。
急なことで混乱していて。いないことが信じられない状況です」


とショックを隠しきれないようでした。

 そして、大杉さんというと、映画「ソナチネ」「HANA-BI」
起用したビートたけし(北野武監督)さんも番組収録後に
訃報を聞いたそうです。

 タレント東国原英夫氏は、21日夜テレビ収録の現場で一緒だった、
ビートたけしさんの様子について

「大杉漣さん急死の報が飛び込んで来た。
本当に吃驚である。丁度、TVタックルの収録が終わったばかりで、
師匠も全ての動きが止まっていた。詳細はまだ分からないが、
ご冥福をお祈り申し上げたいと思う」


とSNSに投稿しました。

 映画「ソナチネ」「HANA-BI」大好きな映画でした。

 大杉さんの独特の佇まいはキタノ映画には欠かせない
存在でした。

 突然、いなくなっちゃうなんて、悲しすぎます・・・。

 チャーミングで茶目っけのある素敵な俳優さんでした。

 お疲れ様でした。どうぞ、安らかにお眠りください。


訃報が多くて
悲しくなる・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます)

(デイリースポーツ・オリコン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.