横綱・日馬富士が幕内・貴ノ岩に暴力、頭部負傷させ九州場所休場へ。
続く不祥事、日本相撲協会、貴ノ岩の師匠・貴乃花親方は今後どう動く!?(加筆)

日馬富士が初日から2連敗中していたのは
この一件が理由だったのかも。
(本来なら傷害事件で警察沙汰なわけで
一般人なら逮捕されるレベル)

横綱・日馬富士が鳥取巡業後の10月26日、
同じくモンゴル出身力士が集まった飲み会の席で
貴ノ岩に絡んだあげく、態度が気に入らないと
ビール瓶で頭を殴打、貴ノ岩が秋巡業後の
11月5日~9日まで福岡市内の病院に
入院。

13日に提出された診断書には

 「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、
右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」


とのことで、状態が安定さえすれば、
復帰が可能らしいです。
(お大事に・・・、多分治療にはかなり
時間が掛かるでしょうけど)

 「スポニチアネックス」さんの記事で発覚した
今回の件。

 日馬富士と師匠の伊勢ケ浜親方が14日午前、
貴ノ岩が所属する貴乃花部屋へ謝罪に行くとともに、
九州場所を休場届けを日本相撲協会に提出
したそうです。

 日馬富士が横綱という立場でありながら
弟分の頭をビール瓶で殴打したことが
一番悪いことで許されることではありませんが、
(厳しい処分が必要でしょう)
師匠の伊勢ケ浜親方の指導にも今後は
物言いが出るでしょう。


 また貴ノ岩の師匠・貴乃花親方
スポニチアネックス」さんの取材に

 「診断書を見ての通り。
本人の体調が悪いということ」


との見解を語るに留めているのは
弟子の怪我(全治2週間、来場所の番付格下げが決定)を
考えると解せないです。

 苦渋の決断なのかもしれないけど、
日本相撲協会に気を使っているのならば
怪我をさせられて、休場を余儀なくされた 
弟子が救われないですよね・・・。


(加筆)
 日馬富士側は暴行を公には
認めていないそうです。

 ならばなぜ、貴乃花部屋に
謝罪に行ったのでしょうか?

 横綱まで昇り詰めた人、部屋は
誠意ある対応をしてほしいです。
 
 日本の国技が穢された気がします。



 やはり日本相撲協会の体質が
このような暴行、暴力、圧力が続く
源となっているのはもう間違いないでしょう。

 何人弟子を怪我させたり、死なせたりすれば
本当の反省をするのでしょうか?

(日本の国技という自覚は無いようです)

 日本相撲協会解体論も出てくるかもしれませんね。
残念です。


舞の海さんが
活躍した時代が
懐かしいですね。




(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(スポニチアネックス・デイリースポーツ)

関連記事