「コスモポリタン」掲載の”メロディが耳から離れない!80年代名曲リスト13”!!! 超メジャーなヒットソング&アーチスト、懐かしさに涙・・・。 - エンタメ福福

「コスモポリタン」掲載の”メロディが耳から離れない!80年代名曲リスト13”!!! 超メジャーなヒットソング&アーチスト、懐かしさに涙・・・。

「コスモポリタン」掲載の”メロディが耳から離れない!80年代名曲リスト13”!!!
超メジャーなヒットソング&アーチスト、懐かしさに涙・・・。

 オシャレな女性誌「コスモポリタン」さんに掲載の
”メロディが耳から離れない!80年代名曲リスト13”。

 懐かしさ全開!と共にエンタメ福福がいかに
マイナーなミュージシャンが好きであるのを再確認・・・。

 1.『テイク・オン・ミー』(1985年)a-haのみなさん。

 a-haはノルウェー出身のバント。PVがアニメを取り入れた
手法で当時はMTVでよく流れていましたねえ。
 アメリカよりイギリスで売れたらしいですね。

 2.『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』(1986年)
ボン・ジョヴィのみなさん。


 当時、富士フィルムのCMにも起用。最近はギターの
リッチー・サンボラさんが日本の通販番組に登場し、
売り込んでいましたね。(偶然見てビックリした!)

 3.『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン』(1983年)
シンディ・ローパーさん。


 日本では1984年リリースでタイトルも
「ハイ・スクールはダンステリア」でした。
(シンディさんはこのタイトルは好きではなかったらしい)

 4.『ハングリー・ライク・ザ・ウルフ』(1982年)
デュラン・デュランのみなさん。


 ハンサム&キレイな美青年ばかりのバンドで
デュランがきっかけでブリティッシュ・ロック&
ポップに目覚めた方が多いのでは?
(今田耕司さんもデュラン好きだったらしいし)

 5.『スイート・ドリームス』(1983年)
ユーリズミックスのみなさん。


 アニー・レノックスさんの妖しくも中性的な魅力も
話題になりましたね。

 6.『アイ・ラブ・ロックンロール』(1981年)
ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツのみなさん。


 元・ランナウェイズのジョーン・ジェットさん率いる
ハードなサウンドがカッコ良すぎる名曲です。

 7.『ドント・ストップ・ビリーヴィン』(1981年)
ジャーニーのみなさん。


 人気ドラマ『glee/グリー』を始め、多くの
作品の中でも使われている曲。

 8.『デンジャー・ゾーン』(1986年)
ケニー・ロギンスさん。


 言わずと知れたトム・クルーズさん主演の大ヒット作
『トップガン』のBGM。この曲も映画同様世界的ヒット!

 9.『オール・ナイト・ロング』(1983年)
ライオネル・リッチーさん。


 今ではニコール・リッチーさんのパパで有名な
ライオネル・リッチーさん。

 明るく陽気なノリノリソングですが、福福的には
とんねるずの石橋貴明さんのライオネル・リチ男が
思い出されます。

 10.『今夜はビート・イット』(1982年)
マイケル・ジャクソンさん。


 今は亡き、20世紀最強のポップスター。
最大のヒット曲「スリラー」ではないのが
ミソかも。


 11.『ジェシーズ・ガール』(1981年)
リック・スプリングフィールドさん。


 ハンサムなリック・スプリングフィールドさん、
ミュージシャンより先に二枚目さを買われて
俳優をしていたとか。「ジェシーズ・ガール」の
ヒットで念願のミュージシャン業へ。

 12.『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』(1984年)
ワム!のみなさん。

 
 当時のジョージ・マイケルさんはショートパンツ、
ぶかぶかトレーナーに身を包んでました。
(思えばショートパンツを履いている時点で
ある種のゲイスタイルを披露していた?)

 ソロでも活躍していたジョージ・マイケルさん
でしたが、突然の死を迎えるとは・・・。

 亡くなったのは残念な限りです。

 13.『すてきなSomebody』(1987年)
ホイットニー・ヒューストンさん。


 超巨大なリボン、ド派手なメイク
にボディコンドレス・・・。
80年代ファッション全開なPVだった
「すてきなSomebody」。

 素晴らしい歌唱力でまさにディーバー、
80年代の歌姫でしたが、(映画「ボディーガード」
は名作でした)その後徐々にヒット曲にも
恵まれなくなり、薬物中毒にもなるなど
紆余曲折を味わいます。

 そしてホイットニーさんもホテルで謎の死を
遂げてしまいました。

 80年代は音楽業界も完全消費される商売の時代となり、
大ヒット曲が連発するも、ミュージシャンも消費されて
消えていく、そんな印象だったような・・・。
(見事、弱肉強食な世界で生き残ったミュージシャンも
多いけど)

 少なくとも
「メロディが耳から離れない!80年代名曲リスト13」
のミュージシャンたちは80年代ミュージックシーンに
足跡を残した時代の寵児と言えましょう。


 福福が好きな(好きだった)、ザ・スミス、
クィーン、ジョイ・ディビジョン、ニューオーダー、
スタイル・カウンシル、デペッシュ・モードが
80年代名曲リストに”かすりもしていない”ことに涙・・・。
(ノД`)シクシク(ブリティッシュポップが好きなんだよー!)


東日本大震災の時も
来日してくれたものね。
感謝しかないわ。




(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(コスモポリタン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.