山口智子の「ロンバケ」演技がドラマ「ハロー張りネズミ」視聴者から不安視される!? 「ロンバケ臭がする」「山口だけトレンディドラマのまま」の声が・・・。 - エンタメ福福

山口智子の「ロンバケ」演技がドラマ「ハロー張りネズミ」視聴者から不安視される!? 「ロンバケ臭がする」「山口だけトレンディドラマのまま」の声が・・・。

山口智子の「ロンバケ」演技がドラマ「ハロー張りネズミ」視聴者から不安視される!?
「ロンバケ臭がする」「山口だけトレンディドラマのまま」の声が・・・。

主演の瑛太さんV6森田剛さんが共演する
ドラマ「ハロー張りネズミ」(TBS系)。
 
 ちょっと軽いも、人情に厚い七瀬(瑛太さん)
コワモテ系だけど涙もろい木暮(森田さん)
という

「板橋のはずれのうらぶれた探偵事務所にいる
熱い男たち」
のドラマ「ハロー張りネズミ」が
高視聴率が期待され、初回視聴率は10.3%と
2ケタ発進も、2話目は7.3%、3話目6.6%と右肩下がり
という結果に・・・。

 「アサ芸プラス」さんいわく、

『(中略)そんなドラマの持ち味を消し去る
キャストがいるというのだ。』


と、その張本人があのトレンディー女優と掲載。

 「探偵事務所の所長を演じる山口智子が、
せっかく2人が醸し出している空気感を
ブチ壊していると言ってもいいでしょう。
山口演じる風かほるを見ていると、
96年放送の大人気ドラマ
『ロングバケーション』(フジテレビ系)の臭いが
漂ってくるんです。
“年下男性を相手にするサバサバした年上女性”
という設定は、確かに『ハロネズ』も『ロンバケ』も
同じですが、現在はよりナチュラルな演技が
求められています。山口はオーバーアクションや
キメ顔が多く、これはかつて『高視聴率女王』と呼ばれ、
トレンディドラマに主演していた頃と同じ演技テクニック。
古臭く見えてしまうのも当然でしょう。
ネット上では『ロンバケ臭がする』
『山口だけトレンディドラマのまま』
『演出さん、山口さんがかわいそうですよ』
といった声があがっています」
(テレビ誌ライター)

 山口智子さんが活躍していたのが80年代後半から
90年代はじめのこと。

 あの当時はロングヘアーでオシャレだけど、
性格は男前なカッコいい女性が流行っていました。

 今とは随分違うのは仕方がないことですが、
ドラマ的にはトレンディー女優の演技を求めている?
(視聴者はそれを求めてないようです・・・)

 『桃井かおりは日本で女優を続けていると、
同じような役ばかりが来るといって日本を脱出したが、
山口もそろそろこれまでとは違う役に挑んでみては
いかがだろうか。』

  
と「アサ芸プラス」さん。

 山口智子さんのように一時代を作った女優さんは
イメチェンするのも大変なのかも。

 一時は向田邦子さん作のドラマでイメチェンを
図ったり、ドキュメンタリーに出たりしていたけど、
その後、続かなかったようですし。

 山口智子さんは好きな女優さんなので
応援したいですね!


バブルの残り香が
プーン・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)
(アサ芸プラス)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.