渡辺謙・南果歩夫妻、6億円豪邸別居を経て今年9月が“離婚Xデー”!? - エンタメ福福

渡辺謙・南果歩夫妻、6億円豪邸別居を経て今年9月が“離婚Xデー”!?

渡辺謙・南果歩夫妻、6億円豪邸別居を経て今年9月が“離婚Xデー”!?

 渡辺謙さん「不倫・IN・NY」を「週刊文春」さんに
すっぱ抜かれてから初めて妻の南果歩さんが主演ドラマ
定年女子」(NHK BSプレミアム)の記者会見に
登場しました。

 南さんの役は夫の浮気が原因で離婚する女性という
渡辺謙さんを何気に連想させるもの。

 「スポーツ報知」さんによるとドラマの収録が
始まったのが不倫報道が少し落ち着いたころだったそうで、

「心身ともに落ち込んでいた」。

しかし、田渕久美子さんの脚本を読んで

「神様に巡り合えたようだった」

と少し元気を取り戻せたそうですが、

 「いかに自分の人生を立て直すか。
箱根駅伝で言えば復路に入った。
それまで見ていた同じ景色も違って見える」

 「これも、あれも人生を振り返って、
どこまで腹をくくれるか」

と、かなり意味深長なコメント連発してます・・・。
(まるで離婚を見据えているようなご意見・・・)

 「報道の直後、渡辺が所属するケイダッシュの川村龍夫会長が
『離婚は絶対にない』と言い切る異例のコメントを出したが、
実際の夫婦仲は今回の件で、修復不可能に近いところまで
いってしまった。南も渡辺の女グセを知らなかったわけではないが、
自分の乳がんとの闘病の中で夫も改心してくれたと思い込んでいただけに、
まだ整理がつかないのでは」
(芸能デスク)

 その夫婦関係を微妙にした張本人、夫の渡辺謙さんの
今はと言うと?

 2年前に南さんのために建てた“6億円豪邸”を
出て、別居状態に突入。

 芸能人にとって美味しいお仕事、CMも放送されなくなり、
来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の降板は免れたものの、
私生活、仕事の両面の影響は計り知れないようです・・・。


 「『西郷どん』については、原作者・林真理子の
“ゴリ押し”もあって、なんとか役を確保しましたが、
渡辺については騒動前から『ギャラが高すぎる』
『所属事務所の態度が強硬すぎる』といった不満が
制作の現場レベルで渦巻いていました。今回の件で
ギャラは多少下がるでしょうが、今後の対応次第では
俳優としての“格”も2段、3段と下がることに
なるかもしれませんよ」
(制作会社関係者)

 精悍で真面目そうなイメージがあの「不倫・IN・NY」で
一気に崩壊してしまいましたからねえ・・・。

 今だに会見を開くという話も聞かれませんしねえ・・・。

日刊サイゾー」さんでは離婚は避けられないと見て
“離婚Xデー”は南果歩さん次第?と掲載。

 「せっかく本格的に仕事復帰したわけですが、
療養明けですから事務所側もあまり無理は
させたくないでしょう。そうなると、割のいい
仕事であるCMや広告関係を狙っていきたいところ。
ハリウッド俳優との“おしどり夫婦”でいたままのほうが、
格段に仕事は取りやすいでしょう。しかし、
仕事のために夫婦関係を継続するというストレスに、
本人が耐えられるかどうか……。現実的に考えられるのは、
今回の『定年女子』の放送が終わる今年9月のタイミングで、
なんらかの動きがあるかもしれませんね」

(前出・芸能デスク)

 イメージ大暴落中の渡辺さんと夫婦でいるより
離婚したほうが南さん的にはメリットがあるということ?

 『大物同士の夫婦だけに、復縁も離婚も
本人たちの感情や都合だけで動くわけには
いかないということか。』


と「日刊サイゾー」さん。

 芸能人にとって結婚も離婚もビジネスということでしょうか?
(一般人で良かったかも・・・)

離婚は不可避?




(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー・スポーツ報知)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.