松居一代ブログで「1年5ヶ月も尾行されている」よりも夫・船越英一郎との仲、火野正平との過去の関係がクローズアップされる!? - エンタメ福福

松居一代ブログで「1年5ヶ月も尾行されている」よりも夫・船越英一郎との仲、火野正平との過去の関係がクローズアップされる!?

松居一代ブログで「1年5ヶ月も尾行されている」よりも夫・船越英一郎との仲、
火野正平との過去の関係がクローズアップされる!?

 松居一代さんが自身のブログで
誰かに尾行されているとか、
過去に共演した火野正平さんとの
関係を怪しむ発言をした上沼恵美子さん
訴えるとの発言が話題になっています。

 そもそもの発端は松居一代さんのブログに
書かれた話が元でした。

「実は……4月21日の夜から
旅立つ準備をしていました」

 「いざ……という時だった
日時は4月22日の早朝
あたしの耳にひとつの
メッセージが聞こえたんです」

 「サスペンスより恐ろしく
怖い怖い真実をあたしは
知ってしまった

だからあたしは死んでる場合じゃ…
無くなってとにかく、逃げないと……
いけなくなったのよ
その、恐怖のノートだけを
握りしめて一日500キロ以上は走ったよ
愛車のフィァト君で逃げた…逃げた…」

 「とにかくサスペンスの100倍くらい
恐ろしい事実よ
あたし。。家族だから告白するよ

実はもう…1年5ヶ月も
尾行され続けているの

だから、夜は、まったく電気を使わない
生活をしているのよ真っ暗のなかにいるんです」

「アメーバ様サイバーエイジェント様
藤田社長様にもお願いします

もし、もしよあたしが3日以上
ブログをアップしなかったら
家族のみんながみんなが…
警察に電話してください」

(ブログ一部抜粋)
 
 何者かに尾行されているとの文章に
28日の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)で
自宅周辺の取材を放送。

 しかし、ご近所の住民は、松居さんと1週間前に
あいさつをしたと語り、夫の俳優、船越英一郎さんや
松居さんの息子さんの姿は「見ない」と証言するわ、
自宅には「電気はついている」と言うわでブログとは
食い違う部分も。

 今のところ、船越英一郎さんは今回の騒動について
静観の構えのようですが・・・。

 「松居は6月14日付のブログで、
『みなさんに応援していただいた夫のサスペンスシリーズ
昨年暮れの撮影が最後ですべて打ち切り!!!!』
と、夫の仕事事情を暴露したんです。船越の所属事務所・
ホリプロも、『船越について勝手にしゃべるのだけは
勘弁してほしい』と願っていただけに、一連のブログ更新をめぐって、
夫婦間でトラブルが発生していてもおかしくはありません」

(テレビ局関係者)
 
 松居さんといえば、船越さんと故・川島なお美さんとの
過去の交際を自身の本出版会見で暴露し、船越さんに
激怒された事もあったそうですね・・・。

 過去の交際といえば、昨年2月に放送された情報番組
「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)にて松居さんが
俳優.の火野正平さんとモーテルから出てきたとの話を
されたと松居さんブログで激怒。

 「1年4ヶ月前のことです私が、俳優.火野正平様と
モーテルから出てきた…と 私には、なんの確認も無く
電波を使ってテレビの前の皆様に嘘をお話された方も
いらっしゃいました」

「私の両親は大変深い悲しみに襲われました
母はあまりの怒りから血圧が急上昇してしまい
床に伏してしまったんです」

「結果、私はズタズタに
傷つけられましたそのことから
このたび、法的に行動を起こしたことを
ご報告申し上げます」


と最後は訴えると宣言。

 「松居が激怒しているのは、タレントの上沼恵美子でしょう。
以前から、松居を『感じ悪い』『友達にはなりたない』
『いやらしい』などと斬り捨てていた上沼ですが、
松居と火野の関係を取り上げた番組で『モーテルで
鍋売ってたんちゃうの? 火野正平さまがこんな人を相手に!?』
などとバッサリ。これに当時、松居は一部週刊誌で
『そんな中傷は迷惑千万』『許せません!』と憤慨
していました」
(芸能記者)

最近は泰葉さんもブログで裁判起こす!と宣言するも、
その後はなぜかフェードアウト・・・。

 今回の謎の尾行事件も気になります。

 ただ松居さんの名誉を傷つけられたとの意見は
分かるものの、なぜ今頃訴えるの?とか、
尾行事件を自身は警察に届けず、家族と呼ぶ
ファンに通報して欲しいと言うのかも不思議。

 夫・船越英一郎さん、火野正平さんは
松居さんのブログにより再びクローズアップされて
微妙というか、ちょい迷惑!?


開運はどうなったの?



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー・サイゾーウーマン)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.