篠原涼子月9主演は「キムタクの代役」だった!? 篠原プライドはズタズタで「降りる」と不機嫌モードに!? - エンタメ福福

篠原涼子月9主演は「キムタクの代役」だった!? 篠原プライドはズタズタで「降りる」と不機嫌モードに!?

篠原涼子月9主演は「キムタクの代役」だった!?
篠原プライドはズタズタで「降りる」と不機嫌モードに!?

 篠原涼子さんが主演を務めるフジテレビ10月期の
「月9」ドラマ、内容を「日刊サイゾー」さんは
以下のように解説。

『「しあわせになろうね!」をキャッチコピーに
市民の不満に寄り添い、社会問題に立ち向かう
痛快市政エンタテインメント。』

 ”痛快市政エンタテインメント”・・・。
で、篠原さんの役どころは?

 『今回は高校中退の普通の主婦で、
議員報酬目当てで市議選に立候補した
新米女性市議を演じるという。』


かなりあり得ない設定ですね、ある意味、
「月9」ドラマらしい破天荒な設定です。

 しかしこのドラマ、主演の篠原さんが
ご機嫌斜めになる事態が勃発しているといいます。

 「もともと10月期の月9は、木村拓哉の主演が内定していた。
ところが、ジャニーズと蜜月だったフジテレビ亀山千広社長の
退任や、木村の主演映画『無限の住人』が大コケしたことで、
話が立ち消えになった。その後、『アンフェア』の
制作チームが篠原を口説き落とすことに成功したのですが、
オファーを受けた後に自分がキムタクの“尻ぬぐい”だった
ことを知って、篠原のプライドはズタズタに。さらに、
そうした局内のイザコザがマスコミに漏れて面白おかしく
伝えられていることにも不信感を募らせ、『降りる』とまで
言いだすほど不機嫌モードになっているといいます。
フジ側は、すでに隠し玉として夫・市村正親の出演まで
段取り済みだったそうで、番組スタッフは篠原の
ご機嫌取りに必死ですよ」
(制作会社スタッフ)

 木村拓哉さんの代役として起用された
と聞いてショックだったようです。

 女優さんの代役ではなく、キムタクさんの代わりが
嫌だったの?(市村正親さんと共演させてもらっている
のに?)

 ただでさえ、フジテレビの“働くママの奮闘ドラマ”
シリーズは今ひとつ視聴率が良くなく、昨年の
松嶋菜々子さん主演の『営業部長 吉良奈津子』は
平均視聴率7.05%(ビデオリサーチ調べ、関東地区
/以下同)、篠原さん自身が主演した『オトナ女子』
(15年)も平均視聴率8.71%と大コケ。

 「長いコントだった」との批判が悲しい・・・。


 更に「日刊サイゾー」さんも手厳しく、

 『視聴者から古臭いと不評を浴びる
「前髪かき上げる演技」が、またもや
炸裂するのであれば、さらに
低調な視聴率を記録する可能性も。
フジテレビにとっては、篠原が
出演してもしなくても、
待ち受けるのは“苦難”だけ?』


とバッサリです・・・。

 篠原さん、フジテレビと再び浮上することが
できるでしょうか?

TKっ子だった頃。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.