インパルス・堤下敦、睡眠薬服用で車運転し、道路交通法違反の疑いも!?泥酔状態で一般女性に暴言、森三中・黒沢かずこに陰湿イジメの過去も!? - エンタメ福福

インパルス・堤下敦、睡眠薬服用で車運転し、道路交通法違反の疑いも!?泥酔状態で一般女性に暴言、森三中・黒沢かずこに陰湿イジメの過去も!?

インパルス・堤下敦、睡眠薬服用で車運転し、道路交通法違反の疑いも!?
泥酔状態で一般女性に暴言、森三中・黒沢かずこに陰湿なイジメの過去も!?

 インパルスの堤下敦氏が14日銭湯で
睡眠薬を飲み、午前2時半ごろ車を
運転していたところをタクシー運転手が
通報、警視庁から事情聴取を受けていた
ことが発覚しました。

午前2時半ごろ東京・狛江市の路上で
反対車線側にはみ出し道路の中央で
停車、通りかかったタクシー運転手が
通報し、警察官が駆けつけた時には
もうろうとした堤下氏。

「睡眠薬を飲んだ」と話し、警視庁は
道路交通法違反の疑いで堤下氏から
事情を聞いていたとか。

 その後すぐ会見に臨んだ堤下氏は

「今回の事故により、ご迷惑をおかけしてしまい、
申し訳ありませんでした」

 「銭湯で、牛乳と一緒にアレルギー薬と
睡眠薬を飲んでしまった」

「銭湯は自宅まで車で10分かからない場所だったので、
家に帰ってすぐ寝ようと思って運転してしまった。
ネットで調べたところ、薬が効くまで多少時間があると
目にしたので、近所なので効率良く寝られると勝手に思った」


と釈明。

 服用していたのは睡眠導入剤2種と
アレルギー抑制剤1種。


 しかし、常識的に考えても銭湯で体が
温まったところに睡眠導入剤2種とアレルギー
抑制剤1種を服用して車を運転なんて
ありえないのではないかと思われますが・・・。

  「アサジョ」さんにある医療ジャーナリストは
「堤下は、かなり不眠に悩んでいたのでは」
と発言。

 「彼が処方されていた睡眠導入剤は2種類。
そのうちレンドルミンは、通常15~25分で
効果が表れ、即効性のあるものとされています。
眠剤は服用を続けていると、効果が薄まる
傾向があるので、2種類処方されたと考えられます」

(医療ジャーナリスト氏)

 それにしても、不眠に悩んでいたことは理解できても
それを服用したまま、車の運転は事故を起こす
リスクを考えると普通恐ろしくてできないでしょう。
(風邪薬だって服用できない、運転するのが
分かっている時は)

 本当に謎の行動としか言いようがないです。

社会部記者氏は
「今回は、不幸中の幸いだった」
と憤り、

 「まず、運転前に眠剤を服用したことは、
厳しく罰せられるべきだと思います。
家から10分程度と言いますが、その途中で
渋滞に巻き込まれることもある。彼は、
発見されたときに意識障害を起こしている
わけですから、運転途中で大事故につながった
可能性は十分にある」


と発言。(確かにおっしゃる通り) 

 堤下敦氏というと、2015年に自身の公式チャンネルの
生放送中、泥酔状態で一般女性に暴言を吐くという
醜態を晒し、ネット上で『堤下の目がヤバすぎる』
と言われたことも。

 また、森三中・黒沢かずこさんに陰湿なイジメを
していると森三中・大島美幸さんに暴露され、
ネットが炎上したこともありました・・・。

ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ



 堤下さんは連続ドラマ『人は見た目が100パーセント
(フジテレビ系)に出演中で、15日に最終回を迎える
ということもあり、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシー
は警察沙汰になったにも関わらず、芸能活動を続行させています。

 事故が起きなくてよかったけれど、謎だらけであります。
 続報が気になりますね。

左側の人が
堤下敦氏。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(NHK・アサジョ)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.