「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に視聴者「そっちじゃない!」の声! 田中要次&羽田圭介コンビ低迷で太川陽介&蛭子能収が復活の可能性!? - エンタメ福福

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に視聴者「そっちじゃない!」の声! 田中要次&羽田圭介コンビ低迷で太川陽介&蛭子能収が復活の可能性!?

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に視聴者「そっちじゃない!」の声!
田中要次&羽田圭介コンビ低迷で太川陽介&蛭子能収が復活の可能性!?

 テレビ東京の看板番組の一つ、
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」
第1弾の視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ、
関東地区)と低迷していると「日刊サイゾー」さん。

「もうすぐ第2弾の旅に出るのですが、
すでに暗雲が立ち込めている感じですね。
第1弾の視聴率も歴代最低でしたし、
何より制作側と演者側の間に、
かなりの温度差があるようです」

(テレビ東京関係者)

 元々太川陽介さん&蛭子能収さん
コンビとマドンナ役の女性タレントと
揉めながらも路線バスを乗り継いで
珍道中を繰り広げて人気を博した
番組でした。

 それが太川さん&蛭子さんコンビが
先ほど惜しまれつつ番組卒業、タイトル名も
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」から
新たに「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」
と変わり、田中要次さん&羽田圭介さん
コンビでスタートしたのですが・・・。

(しかし、羽田圭介さんは作家でありながら
TVによく出演されてますよね・・・、いつ本を
執筆しているのかしら?)

 「続編は、俳優の田中要次さんと
作家の羽田圭介さんがコンビを組んでいますが、
田中さんはドラマの仕事が忙しくて、
スケジュール調整がなかなか大変なようです。
それと、この旅はマネジャーも一緒に
行動するのですが、想像以上にきつかったみたいで、
彼らのマネジャーが続編にあまり乗り気では
ないそうです(苦笑)」
(テレビ局関係者)

 確かにあの番組を見ているとバスの時刻表と
にらめっこしながら食事をとったり、
路線を間違えると目的地にたどり着けないという
恐怖もありますよね。

(見ている方はそれが面白いんだけど)

 蛭子さんがフィーリングで行動するから
太川さんとケンカが絶えなかったしなー。
(今は懐かしい思い出)

 ということで、田中さん・羽田さんコンビの
視聴率低迷&過酷な旅に2人の心が折れそうな
状況を察してテレ東さん、早くも“禁じ手”投入!?
との情報が・・・。

「もう一度、太川さんと蛭子さんのコンビでできないか、
水面下でそれぞれの事務所に打診したそうです。
2人は番組を卒業してからも『いい旅・夢気分スペシャル』(同)
で2度バス旅をしており、数字もいい。そのため、
局としては単発でいいので“復帰”してほしいと
お願いしているそうです」
(芸能事務所関係者)

 太川さん・蛭子さんコンビとともに
過酷な路線バス乗り継ぎの旅を続けてきた
番組スタッフいわく、田中さん・羽田さんコンビと
太川さん・蛭子さんコンビの違いは

「旅に対する“熱量”」

だそうです。

 「バス旅に対する太川さんほどの情熱は、
田中・羽田コンビからは伝わってきませんよね。
それが視聴者にも伝わって、数字が
伸び悩んだのかもしれません。また、
太川・蛭子コンビは2人の個性が強かったので
マドンナは多少弱くてもよかったのですが、
田中・羽田コンビだと、マドンナがある程度
強くないと番組的に厳しいというのが実情です。
そういう意味では、ルート選びだけでなく、
マドンナの選考も難航しています。
第2弾は夏の特番で放送予定ですが、
ここでも数字が悪かったら、応急的に
太川・蛭子の“再登板”を現場からも
懇願するかもしれませんね」
(番組スタッフ)

 ううむ、太川さん・蛭子さんコンビも不思議な
チョイスでしたが、田中さん・羽田さんコンビは
さらに謎な選び具合・・・。

 田中さん・羽田さんコンビも長い目で
見てはどうでしょう?

(ただ2人の心が折れたら終了かもしれないけど)

 太川さん・蛭子さんコンビの復活、
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!?


映画まで作っていたとは・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.