「高須クリニック」高須克弥院長がアラフィフ美熟女芸能人を斬る!? 「痩せると老ける、しっかり紫外線対策、睡眠!肌や髪には保湿が大事!」 - エンタメ福福

「高須クリニック」高須克弥院長がアラフィフ美熟女芸能人を斬る!? 「痩せると老ける、しっかり紫外線対策、睡眠!肌や髪には保湿が大事!」

「高須クリニック」高須克弥院長がアラフィフ美熟女芸能人を斬る!?
「痩せると老ける、しっかり紫外線対策、睡眠!肌や髪には保湿が大事!」

 「週刊女性PRIME」さんが21名のアラフィフ女性芸能人
(1966年~1968年生まれ)「美熟女グランプリ」を開催。


 美容整形の権威、「高須クリニック」の
高須克弥院長
が美熟女芸能人を厳しくチェック!

 ちなみに参加人数1205人が選んだアラフィフ
美熟女のランキングは以下のとおりです。

1位:天海祐希さん(49歳)
(理由・今年50歳になるとは思えない、
変に若作りをしてない)

2位:原田知世さん(49歳)
(理由・かわいい、少女のような可憐さ)

3位:小泉今日子さん(51歳)
(理由・自然な美しさで凄く素敵!、
51歳を謳歌(おうか)している感じ)

4位:鈴木京香さん(50歳)
(理由・無理にアンチエイジングしていない、
大人の色気が醸し出されている)

5位:若村麻由美さん(50歳)
(理由・この人こそ美魔女!!!
こういう女性になりたい)

6位:いない
(石田ゆり子さんとの声が
多数だったそうですが、
1969年生まれで今回は除外)

7位:君島十和子さん(50歳)
(理由・自分ブランドの化粧品を扱っている以上、
きれいでいないと、という使命感を感じます)

8位:大塚寧々さん(48歳)
(理由・結婚して子どももいるのにかわいくてきれい。
憧れる女性)

9位:斉藤由貴さん(50歳)
(理由・肌が白くて、ハリがあって、透明感がある!
目が大きいのにたるんでない)

10位:三田寛子さん(51歳)
(理由・いつまでも童顔で美肌。若い頃のイメージと全く
変わらないから、浮気夫で苦労してるはずなのに、
そうは感じさせない風貌)


 みなさんアラフィフでありながら、
透明感を失わない、美に貪欲さん!
な美熟女な方揃い。

 一般的にみると、どの方も年齢よりは
若々しく、美しいと思うのですが・・・。

 「高須クリニック」の高須克弥院長は
細かいところも見逃しません!

 高須克弥院長ほインタビューをどうぞ!

記者氏

「いかがでしょうか、このランキング! 
ダントツ1位は天海祐希さんでした。」


高須院長
「へ~。意外だね。美人だけど、
若々しいとか肌がきれいとかって
イメージはないなぁ」


記者氏
「しかし、宝塚時代と変わらない顔にスタイル! 
美しさをキープしているとは思いますが……。」


高須院長
「宝塚といえば、顔のアラをすべて消し去るメイク!
 すご~い美肌メイク上手なんじゃないの? 
僕から見ると、“塗り込みファンデ系”だけどな!
 中身がわからない“パッケージ上手”な美肌というか。
目鼻立ちはきれいだけどね。シュッとしたスタイルだし」


記者氏
「パッケージ上手! 衝撃的なワードですね!」


高須院長
「でも、若い頃と見比べて痩せてないね! 
これはいいです! そして骨格が大きいので
ハリがあるね。まず、痩せると老けるのよ、本当に。
アラサー以上の激しいダイエットは、
痩せた分だけ見た目年齢が増えますよ!」



 高須院長にかかると天海祐希さんは
“塗り込みファンデ系”・・・。

 アラサー、アラフィフはダイエット厳禁
だったとは・・・。(痩せた分だけ老けるだなんて)

(ノД`)シクシク



記者氏
「今記事を読んでいる方の中には、
ダイエットを意識されている方も
多いと思いますが、まさか痩せないことが
美熟女の必須科目とは驚きです。
他に、美しく熟す条件はありますか?」


高須院長
「それはね、日焼け!! 
もう声を大にして言いたいです。
化粧品トラブルより、紫外線のほうが
肌に悪影響だからね」


記者氏
「では、天海さんを筆頭に、
美熟女は日焼け対策をかなり
やっていると?」


高須院長
「そうだよ! 美熟女の美肌は
“NO 日差し”よ! 芸能界とか
宝塚とか、女性が多い世界って
それだけいろいろな美容メソッドを
目の当たりにするし、効くものを
知ってるんだよ」


記者氏
「では、院長的に“効く”紫外線対策とは
どんなものでしょう?」


高須院長
「まず日焼け止めを顔から身体までしっかり塗り、
きちんと塗り直しもする。さらにロング手袋、
サングラス、帽子を被って、さらにその上から
日傘を差す! これくらいガードしてちょうど
いいくらいだよ」


記者氏
「なるほど~。トップ10の美熟女たちは、
それくらいやっているんでしょうね!」



 やはり、昔から日本女性が美白に
余念がなかったのは美肌は色白からを
知っていたからなんですね。

 なんか納得です。

 高須院長はまだまだ美熟女の定義を講義。


高須院長
「でも、大塚寧々さんはおきれいだけど、
若々しい美熟女ではないな~。頬がこけているし、
痩せてちょっと寒々しいかも。斉藤由貴さんも、
ダイエット成功が話題になっていたけど、
ちょっと老けた感じだね」


記者氏
「となると、若くてきれいな熟女になるには
どのようなことがマストでしょうか?」


高須院長
「スレンダーキツネ顔より、ふっくらタヌキ顔だね!
 そのためには、ズバリ水分!! これっきゃない!」


記者氏
「水分! 以前、石田ゆり子さんの美の秘訣記事でも
院長がおっしゃっていた水分ですね!」


高須院長
「そうです。まず痩せると水っ気が減って
肌や髪がパサっとする。しかも唇や
ふっくらしたいパーツまで痩せちゃうし、
見てくれの偏差値は下がるよね。
果物と同じく、おいしそうに見せるには
水分が大事なのは、人間も同じだから」


記者氏
「その大事な水分量をアップさせるには、
日常生活でどのような意識をすればよいでしょうか?」

高須院長
「みんな大好きなコラーゲンや
ヒアルロン酸を作るため、
動物性たんぱく質をきちんととること。
そしてきちんと寝る。あとはとにかく
スキンケアで保湿をすること!」


記者氏
「50歳前後で差がつく“若見え”のポイントは、
水分をキープできる生活にあるんですね。
ところで週女PRIME的には、「ナチュラルな美しさ」
「無理に若作りしていない」なんて賞賛される美熟女たちも、
本当に若作りをしていないのか? なんて思っちゃいますが、
いかがでしょうか?」


高須院長
「そりゃあ、称賛に値するだけの努力は
たんまりしてるでしょう! ただ、
そういった方は二重にしたり涙袋に
ヒアルロン酸を入れるとかの
“変える”ケアではなく、
“キープ”するケアをしてますね。
肌をきれいにする超音波とか、
水分保水量を高めるために点滴をするとか……。
車と同じで、こまめに洗車してメンテナンスすれば、
長くきれいに快適に乗り続けられるってことだね」


記者氏
「なるほど。メンテナンス状態がいいんですね。
ところで、外見だけでなく「いつも笑顔」
「ポジティブ」など、内側からにじみ出る要素も
美熟女になるためには重要な要素と言えるでしょうか?」


高須院長
「それはとても大事だね! 
気持ちは顔に出るし、まず
メンタルの状態がいいと
免疫力も上がるし、
病気にもなりにくいくらいから。
ポジティブ思考は美熟女の
必須条件ともいえるでしょう」


記者氏
「では最後に、高須院長の思う
「美熟女の基準」があれば教えてください。」


高須院長
「“保湿” “ある程度ぽっちゃり”
“ポジティブ”が3大条件! 
乾燥した部屋でしなびたり、
グチグチネチネチしたりしていると、
『ブ熟女』になっちゃうよ!」


なるほど、勉強になりました。
(女優さんが加湿器命!なのが
よく分かった・・・)

とにかく、
 1,アラサー以上は痩せると老けるので
   過酷なダイエットは厳禁
 2,しっかり紫外線対策
 3,しっかり睡眠!
 4,動物性たんぱく質を摂る
 5,肌や髪には保湿が大事!
 6,ポジティブ思考でいる!


が美熟女への道だということが
わかりました。

 福福は美熟女はとりあえず横に置いといて、
紫外線対策、睡眠、保湿から始めよう・・・。












(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(週刊女性PRIME)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.