木村拓哉、SMAP解散でタレント価値が4分の1!?映画も大コケ!
今後はジャニーズ後輩共演で“キムタク”ブランドを維持!?

 木村拓哉さん主演映画「無限の住人」が
大コケしてしまい、ピンチです。

 ゴールデンウィークに合わせ公開となったのですが、
まさかの敗北・・・。

 「『美女と野獣』が強敵というのはわかっていましたが、
さすがに『帝一の國』に負けるとは思っていなかったですね。
あちらは『無限の住人』より、1割以上も公開館数が
少ないですからね。これには、スタッフはかなり
ショックを受けていますよ」
(映画関係者)

 「帝一の國」は 菅田将暉さん、野村周平さん、
竹内涼真さん、間宮祥太朗さん
などフレッシュな
俳優陣が揃った作品で、人気も知名度も上と見られる
木村さんが負けたというのは相当痛いかも。

 「日刊サイゾー」さんによれば映画「無限の住人」は
初登場6位のオープニング興収1億8,900万円と苦戦。

 前回の主演した映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
(2010年)をも大幅に下回る厳しい結果に
やはり「SMAP」解散が大きく影を落としていると
言わざる負えないでしょう。

 芸能事務所関係者氏は今回の結果で木村拓哉さんの
タレントとしての評価が下がったと分析。

 「公開翌週には、同じジャニーズの岡田准一が主演の
『追憶』も公開されましたし、こちらは『無限の住人』
ほど宣伝費をかけていませんが、初登場4位と
『無限の住人』を上回りました。『無限の住人』は、
公開3週目のランキングでは10位にまで下がりましたから、
今後も上がる見込みはないでしょうね。このままだと、
興収10億円に届かない可能性もあります。木村さんが
これまで主演した作品はすべて興収40億を超えているので、
タレント価値が4分の1になったということです」

(芸能事務所関係者)

 木村拓哉さんはジャニーズ事務所の後輩、
嵐の二宮和也さんとの映画共演が事務所から
リークされたのは

『“キムタク”ブランドを
守るためだといわれている。』


と「日刊サイゾー」さん。

 嵐の方をジャニーズ事務所も押しているようですし、
今後はジャニーズ後輩との共演で“キムタクブランド”
を維持する方向にシフトチェンジ!?

 「ある意味、もう同作についてはあきらめている
ところもあるので、目先を変えるための
リークだったんじゃないでしょうか。
二宮さんとの共演についても、嵐の人気に便乗
という面があるのは否めません。それでも
コケたら木村さんの責任になりそうなので、
リスクもあると思います。そうなると、
稲垣吾郎さんのように“トメ”で出演するなど、
主演以外の道を探るしかなくなるでしょうね。
ただ、しばらくは、ほかのジャニーズとの共演で
延命措置を図ると聞いています。二宮さんの次は
TOKIO・長瀬智也さんの名前も挙がっているようですから、
それも楽しみですね」
(テレビ局関係者)

 木村さんとジャニーズ後輩との共演、
どちらが引き立て役?と言われるのも
時間の問題かもしれませんね。

 「閂村」こと、カンヌ映画祭での
「カンヌ木村」ドヤ顔まだー?

キムタクのテイーンエイジャー役は
さすがに無理があった
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事