松田聖子「ジェフをパパと呼びなさい」と神田沙也加に言っていた!? 元祖アイドル母と娘の愛憎14年とは?(パート1) - エンタメ福福

松田聖子「ジェフをパパと呼びなさい」と神田沙也加に言っていた!? 元祖アイドル母と娘の愛憎14年とは?(パート1)

松田聖子「ジェフをパパと呼びなさい」と神田沙也加に言っていた!?
元祖アイドル母と娘の愛憎14年とは?(パート1)

 「ご報告したかったタイミングではなく
心苦しい気持ちもありますが、わたくし
神田沙也加は村田充さんと結婚いたします」


と結婚を発表した神田沙也加さん

 あれから2週間以上が経過していますが、
母・松田聖子さんからのコメントはないまま。

 一部では聖子さんと沙也加さんの関係は
一時よりは改善したとの情報が流れましたが、
今現在何もコメントがないところを見ると
やはり親子関係は微妙なのでしょうか?

ベテラン芸能記者氏は「アサ芸プラス」さんに
デビュー前の沙也加さんの境遇を語っています。

そこからなにかが見えてくるかもしれません。

「表向きには仲よし親子の印象が強いですが、
聖子は沙也加を出産した半年後には芸能界へ復帰し、
実質、子育てを担当したのは、同居する聖子の母でした。
しかも聖子が無謀な全米進出をもくろむのと並行して、
年下外国人とのスキャンダルがたびたび報じられた。
当時、幼稚園に通っていた沙也加は、母親の醜聞が
報じられるたびに『聖子の娘!』とイジメを受け、
引きこもりになっていた時期もあった。
本人もデビュー後に、自著の中で
『学校を4回も転校しなければいけなかった』
という苦しい胸のうちを明かしています」

(ベテラン芸能記者氏)

 85年、聖子さんと神田正輝さんは結婚。
「聖輝の結婚」と呼ばれたのは
懐かしい話です。

 翌年の86年に沙也加さんが誕生。
当時は幸せな家族オーラ全開でしたが、
その後アメリカ進出を視野に入れていた頃、
聖子さんに不倫疑惑が勃発。

 愛人と言われたジェフ・ニコルズさん
94年聖子さんとの関係を赤裸々に綴った
暴露本「真実の愛」を出版。
(その後第二弾「壊れた愛」を出版)

 本には薬物を2人で使用したなど
過激な内容も・・・。

 程なく聖子さんと神田さんの別居が
公になるも、聖子さんはある行動に出て
マスコミを煙に巻いたらしいです。

「報道陣の前に現れ、
『皆さん、どうしたんですか?』と
平然を装い、“別居していない”
ことをアピールして仮面夫婦を
演じていました」
(前出・ベテラン芸能記者)

 ジェフ・ニコルズさんと別れた後、
アラン・リードさんと不倫交際、アランさんにも
暴露本「バックステージ・オブ・セイコマツダ」
を出版され、セクハラ、パワハラを受けたと
語っています。(アランさん、ゲイだから辛かったかもね)
 
そして97年、神田さんと離婚が成立。
その間の沙也加さんは?

「一方の沙也加は母に振り回された末、
継父とともにロスの日本人学校へ留学。
その際、現地のオーディションに通って
短編映画に出演すると、作品自体が01年の
カンヌ国際映画祭で高く評価されたことも
あって注目されたんです。そのとたん、
聖子が日本に呼び戻して、『SAYAKA』名で
芸能界にデビューさせた。ふだんから
『私のことをプロデュースできるのは私だけ』
というのが口癖でしたが、娘のプロデュースも
全て聖子仕様でした」


 ただ「聖子の娘」というイメージで
話題性ばかりが先行する残念な結果に。

 そんな時、03年のドラマ「ヤンキー母校へ帰る」
(TBS系)で共演した俳優の石垣佑磨さん(34)と
沙也加さんは恋愛関係になりました。

アサ芸プラス」さんいわく、
聖子さんと沙也加さんの親子関係に
異変が生じたのはこの14年前
だといいます。

石垣さんと沙也加さんとの恋愛が
聖子さんとの確執の始まりだったと・・・。

「行く末は国際的な女優兼アーティストに
なってほしいと願う母からすれば、
ひよっ子の俳優など邪魔なムシケラでしか
ありません。聖子が
『娘との交際を遠慮してほしい』
と直電を入れたことであっけなく
別れさせられたそうです。
にもかかわらず、聖子自身は
結婚・不倫を繰り返す恋愛体質だった。
しかも、つきあう男を毎回自宅に
招き入れていたからあきれます。
なんと、沙也加に
『ジェフをパパと呼びなさい』と
命じたこともあったそうです。
石垣の一件より前から、年頃の沙也加が
母親に根強い嫌悪感を抱いてきたのは
間違いないでしょう」
(芸能関係者)

 『ジェフをパパと呼びなさい』との発言が
事実ならば、ちょっとドン引き・・・。(´;ω;`)

アサ芸プラス」さんによると
聖子さんは神田さんとの離婚の原因は

「パパの女癖にあった」

と沙也加さんに吹聴していたそうです。

 その証拠に離婚後、聖子さんサイドから
週刊誌に、「元夫に新しい女アリ」
という怪情報が・・・。

 ただ週刊誌の記者氏は驚きの結果を
アサ芸プラス」さんに暴露。

 「都内や地方ロケ先も含めて、
1カ月くらい正輝を張り込んだのですが、
何も出てきませんでした。ところが、
試しに聖子を張り込んだら、たった3日で
外国人とホテルで熱々の密会現場を
キャッチすることができた」

(週刊誌の記者氏)

 どうやらヤブヘビに終わったようです・・・。

沙也加さんはこの頃から母親と距離を
置くようになっていたそう。

その後沙也加さんはギタリスト・北野正人さん(42)
との熱愛が発覚。

 タレント休業、同棲生活と聖子さんに
反抗するかのように恋に走ってしまいます。

 「北野が一回り年上という年齢差や
離婚歴などを理由に、今度も聖子が猛反対。
しかし、沙也加は北野に入れ込み、反対に
『タレントは辞めて自活する』と
突っぱねました。ついには家出同然で
男と半同棲状態になると、聖子は娘の
『活動休止』を発表。これは事実上の
解雇宣告のようなもので、ママの方針に逆らった
沙也加の給料の支払いはストップされてしまった」

(前出・ベテラン芸能記者)

 「高校を出たばかりで稼ぎの少ない
沙也加には最もつらい事件でした。
“兵糧攻め”にあって生活に困窮した
沙也加は結局、白旗を揚げて
ギタリストと別れた。聖子に
わびを入れて母のもとに
戻ることになったんです」
(芸能デスク)

 再び仲直りした聖子さんと沙也加さん、
ディナーショー、紅白と共演を果たしますが、

「完全にビジネスパートナーだった」

という聞き捨てならない言葉が・・・。

パート2に続く・・・。

問題作!?



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(アサ芸プラス)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.