唐沢寿明主演映画「ラストコップ」は木村拓哉「無限の住人」より大コケ!? 引くに引けない状況で映画化を強行も惨敗・・・。 - エンタメ福福

唐沢寿明主演映画「ラストコップ」は木村拓哉「無限の住人」より大コケ!? 引くに引けない状況で映画化を強行も惨敗・・・。

唐沢寿明主演映画「ラストコップ」は木村拓哉「無限の住人」より大コケ!?
引くに引けない状況で映画化を強行も惨敗・・・。

 今年のGW(ゴールデンウィーク)の邦画は
大物俳優の映画が軒並み大コケするという
結果に・・・。

 4月29日公開の木村拓哉さん主演映画
無限の住人」は第1週の週末観客動員数
(4月29日、同30日)は14万5,000人で
ランキング6位、第2週の週末観客動員数
ランキング(5月6日、同7日)は8位と
後退するなど苦戦中。

 そして5月3日に公開された唐沢寿明さん主演の
ラストコップ THE MOVIE」は第1週の
週末観客動員数(5月6日、同7日)は、
8万1,000人で、週末の動員ランキングは
7位と惨敗、第1週の週間観客動員ランキング
(4月29日~5月5日)も8位と厳しい結果に・・・。

 同じ1週目で16万6,000人を動員した
菅田将暉さん主演「帝一の國」が
週末観客動員数4位と意外と
健闘しています。

 木村拓哉さんと唐沢寿明さんの映画が
フレッシュな若手俳優の映画に敗北
するとは時代も変わったのかな・・・。

 そもそも
唐沢寿明さん主演の「ラストコップ」は、
日本テレビと動画配信サイト「Hulu」との
共同制作。

 2015年6月19日にスペシャルドラマ「episode1」が
放送されて12.9%(ビデオリサーチ調べ、
関東地区/以下同)の高視聴率を獲得。

 スペシャルドラマオンエア後に動画配信サイト
Huluで「episode2」が全7話で配信されると
入会希望者が急増するほどの人気を呼んだ
というドラマ、らしいです。


 「日刊サイゾー」さんによると
「ラストコップ」の「episode1」、「episode2」の
好成績に自信を深めた日テレでは、昨年10月期に
連ドラ化するとともに、早々に映画化まで
決めてしまったとか。

 し・か・し、なぜか「ラストコップ」はその後
失速、連ドラ放送に先駆けた「episode0」が
初回=10.4%、第2話=5.9%、第3話=7.3%
と大コケ。

 さらに連ドラでは1度も2ケタ台を取れず、
全10話の平均は8.3%と惨敗してしまいます・・・。

 『「ラストコップ THE MOVIE」は日テレが
企画・製作したもので、勇気ある“撤退”
という選択肢もあったが、主役に唐沢という
大物を起用していることもあり、
引くに引けない状況で映画化を強行したが、
大方の予想通り爆死した。』


と「日刊サイゾー」さん。

 人気のピークがスペシャルドラマ「episode1」
「episode2」で来て、完結してしまったと
いうこと?

 ううむ、人気を維持するのがいかに大変かと
いうことが分かりますね・・・。

(映画館で観るより、自宅で気楽に
観れる感じが良かったのかな?)

 とはいえ、TVドラマで人気だからといって
安易に映画化して大コケ、というケースが
多いような気がしますが・・・。

 大コケしたら、TVドラマの制作費なんて
比較にならないくらいの負債を抱えることに
なりそうですが、それでもTVドラマ映画化は
後をたたないので本当に不思議ですね。

TVで観たい感じ?



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.