まだ20代なのに「人生の前半で運を使い果たした」「誰かのバーター」 「見込みが薄い」とまで言われた若手女優3人とは? - エンタメ福福

まだ20代なのに「人生の前半で運を使い果たした」「誰かのバーター」 「見込みが薄い」とまで言われた若手女優3人とは?

まだ20代なのに「人生の前半で運を使い果たした」「誰かのバーター」
「見込みが薄い」とまで言われた若手女優3人とは?

「人生の前半で運を使い果たした」
「誰かのバーター」
「見込みが薄い」


と随分散々な言われ方をされているのが
まだ20代の若手女優3人であると
サイゾーウーマン」さん。

 20代の若手女優といえば

有村架純さん(24)、新垣結衣さん(28)、
木村文乃さん(29)、戸田恵梨香さん(28)、
桐谷美玲さん(27)、武井咲さん(23)、
本田翼さん(24)、高畑充希さん(25)、
波瑠さん(25)、土屋太鳳さん(22)、
剛力彩芽さん(24) 


など大勢いますが、今回ご紹介するのは
彼女たちではありません。

 彼女たちよりも早くブレイクしてしまい、
その後伸び悩んでしまった若手女優3人とは?

「志田未来(23)です。彼女の場合、
残念ながら、人生の前半で運を使い果たした
という感じです。演技は申し分ないものの、
やはり『女王の教室』、さらには13歳のときに
初主演した『14才の母』の後が続かなかった。
最近では『レンタル救世主』(同)に
出てましたが、あれは、同じ事務所・
研音所属の主演・沢村一樹のバーターで
ねじ込まれたもの。最近は、
『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』
に本人役で出演し、その初日舞台あいさつで
『本当にしんちゃんの映画に出るのが夢で……』
と号泣して話題となったものの、結局、
彼女の出番はほんの一瞬でした」
(制作会社スタッフ)

 志田未来さんは2000年に「永遠の1/2」(TBS系)
でドラマ初出演、その後は「女王の教室」
「14才の母」(日本テレビ系)で
一気にブレイクした元天才子役。

 10代で女優人生極めたと言われるのも
気の毒なような・・・。

 器用な女優さんなのに
「誰かのバーター」扱いはもったいないですね・・・。

 志田未来さんと同じく研音所属で子役出身という
経歴の成海璃子さんも若くしてブレイクしてその後
失速したと言われる人の1人。

 『瑞々しい演技と、確かな存在感で
人気を博したあの女優だ。』

と「サイゾーウーマン」さん。

 「成海璃子ですかね。12歳でドラマ『瑠璃の島』(同)
に主演し、期待の大型新人といわれたものですが、
そんな彼女も今や24歳。その後、
『BOSS 2ndシーズン』(フジテレビ系)などにも
出ていましたが、やはり子役のときの印象が
鮮烈すぎて、今の大人びた彼女が、どうしても
色あせて見えてしまいます。また、アルパカと
一緒に出演していた株式会社クラレのキャンペーンCM
『ミラバケッソ』も2007年から続いていたものの、
14年に降ろされてしまいました。今は新人女優・
黒島結菜が受け継いでいます」
(テレビ関係者)

 成海璃子さんはドラマ「TRICK」で仲間由紀恵さん演じる
主人公・山田奈緒子の少女時代役でドラマデビュー。

 「瑠璃の島」(日本テレビ系)でドラマ初主演を
果たしたのですが、イケメンモデルと一緒に
タバコを吸う姿をフライデーされたり、
激太りを指摘されるなどお仕事よりも
スキャンダルの方が注目される事態に。

透明感のある清純派ルックスですが、
椎名林檎さんのファンでもあり、アメリカのバンド、
ニルヴァーナの大ファンというギャップを
今後役作りにも活かしたらもしかすると化けるかも!?

 最後の1人は若手女優の中でも不運と言われる
NHK朝ドラ女優、夏菜さん

 「夏菜(27)は、12年下半期のNHK朝の連続テレビ小説
『純と愛』の主演に、2,200人以上の中から
オーディションで選ばれました。この脚本を手掛けたのは
その前年、最終回視聴率40.0%を記録した
『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の遊川和彦氏。
NHKのプロデューサーが彼を三顧の礼で迎え入れ、
執筆してもらったのですが、ヒロインの父は水死、
母は認知症、夫は植物状態の患者という救いようのない
ストーリーで大炎上。夏菜のイメージも、この作品に
引っ張られたのか、なかなか良いチャンスが巡ってきません。
『ネプ&イモトの世界番付』(同)では、レポーターとして
出ていたので、事務所としてはバラエティで
活躍してほしいという願いがあるようですが、
綾瀬はるかのような天然キャラでもなく、
松岡茉優のように仕切りもできる素材でもないため、
見込みも薄い。今後は、連ドラのゲスト出演として
ぽつぽつ出るくらいではないでしょうか」
(同)

 夏菜さんは映画「GANTZ」で一躍注目されました。
その後、三度目の正直で受けたNHK連続テレビ小説
「純と愛」(2012年)で主役に選ばれるも
その暗すぎる設定と夏菜さん演じる主役が
あまりに破天荒キャラで不評を買ってしまいました。

 NHK朝ドラでブレイクする人が多い中、
今現在までドラマの負の遺産を背負わされ続ける
夏菜さんに同情してしまいます。

 『いずれにしても、今回名前の挙がった
3人はまだ20代。

今後、巻き返しの可能性は十分にあるだろう。』


と「サイゾーウーマン」さん。

健闘を期待したいですね!

まだ20代・・・、
正直羨ましい!!




(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(サイゾーウーマン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.