(時事・国際)トランプ大統領と習近平国家主席の米中首脳会談の最中、米軍がシリアにミサイル攻撃。(加筆) - エンタメ福福

(時事・国際)トランプ大統領と習近平国家主席の米中首脳会談の最中、米軍がシリアにミサイル攻撃。(加筆)

(時事・国際)トランプ大統領と習近平国家主席の米中首脳会談の最中、
米軍がシリアにミサイル攻撃。(加筆)

 現在、アメリカで
トランプ大統領習近平国家主席
米中首脳が会談をしている最中に、
米軍がシリア西部の飛行場に
ミサイル攻撃
をした模様。

 シリアは空爆に化学兵器を
用いてシリアにいる多数の人々を
殺害したと言われています・・・。

 これはトランプ大統領の命令?
議会の承認はあったのかしら・・・。

ただ、ティラーソン国務長官は
アサド政権による化学兵器を使用した
攻撃という見方を示し
「これは深刻な事態で重大な措置が必要だ」
と語っていたり、トランプ米大統領も
「レッドライン(越えてはならない一線)を越えた」
アサド大統領を非難していました・・・。

 おそらく米中首脳会談にも大きな影響を
与えそうです・・・。


シリアに巡航ミサイル発射=
50発以上、飛行場標的―米軍

 【ワシントン時事】
米MSNBCテレビは6日、
米軍がシリア西部の飛行場を標的に
巡航ミサイルを少なくとも50発発射したと報じた。

 ミサイルは地中海上の米駆逐艦2隻から発射された。

<時事通信 4/7(金) 10:27配信>

(加筆)
シリア攻撃を命じたトランプ米大統領の
声明全文(「ロイター」さんより抜粋)
(2017年 4月 7日 4:18 PM JST)

「 シリアの空軍基地に対する
米軍の巡航ミサイル攻撃について、
トランプ大統領が6日会見した。
大統領の声明内容は以下の通り。

米国民の皆さん、シリアの独裁者である
アサド大統領は4日、罪のない市民に対し、
恐ろしい化学兵器を使用して攻撃を行った。

致死率の高い神経ガスを使い、
無力な男性や女性、そして
子どもたちの命を奪った。

あまりに大勢の人に対する、
緩やかで残忍な死を招いた。

残酷なことに、美しい赤ちゃんたちも
このような非常に野蛮な攻撃によって殺された。

神の子は誰一人として
そのような恐怖に遭ってはならない。

今夜、私は化学兵器を使用した
攻撃の拠点となったシリアの飛行場に対し、
軍事攻撃を命じた。

化学兵器の拡散・使用を阻止し抑止することは、
米国にとって不可欠な国家安全保障上の
利益の一部である。

シリアが禁止されている化学兵器を使用し、
化学兵器禁止条約に違反し、
国連安全保障理事会の要請を無視したことに
議論の余地はない。

アサド政権の行動を変えようとする
長年の試みはすべて失敗、
それも劇的な失敗に終わった。

その結果、難民危機は悪化し続け、
地域も不安定化し続けており、
米国と同盟諸国に脅威を与えている。

今夜、私はすべての文明国に対し、
シリアにおける大量虐殺に終止符を打つため、
そしてあらゆる種類のテロを根絶するため、
共に手を取ろうと呼びかけた。

非常に困難な世界に直面し、
われわれは神の英知を求めている。

けがを負った人々が助かるように、
また、亡くなった人たちの魂のために
祈りをささげよう。

そして米国が正義のために立ち上がる限り、
最終的に平和と調和が勝利することを祈ろう。

それでは皆さん、
神のご加護が米国と全世界にあらんことを。
ありがとう。」


 今年はいろいろありそうですね・・・。

うーん・・・。



(本日も読んでいただいてありがとうございます)

(時事通信・産経新聞・ロイター)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.