フジテレビが佐藤秀峰、池井戸潤、万城目学に原作・脚本を使用NGに! 「フジテレビは本当に反省しない局だと、業界で話題に」 - エンタメ福福

フジテレビが佐藤秀峰、池井戸潤、万城目学に原作・脚本を使用NGに! 「フジテレビは本当に反省しない局だと、業界で話題に」

フジテレビが佐藤秀峰、池井戸潤、万城目学に原作・脚本を使用NGに!
「フジテレビは本当に反省しない局だと、業界で話題に」

綾瀬はるかさんと堤真一さんのW主演映画
本能寺ホテル』が公開中ですが、
日刊サイゾー」さんによるとその裏では
作家の万城目学氏とフジテレビの間に
よもやのトラブルが発生していたようです・・・。

「ドラマ班の人たちは『またか……』と
頭を抱えていました。漫画家の佐藤秀峰先生、
小説家の池井戸潤先生に続いて、3人目ですからね。
うちは本当に、作家さんの扱いがヘタなんですよ」

(フジテレビ関係者)

「それが昨年末、作家の万城目学先生が
Twitterで『映画のために苦労して書いた
オリジナル脚本を全ボツにされたと思ったら、
その内容が完成された映画でパクられていた』
などとツイートしたんです。作品名は
出していませんが、これが『本能寺ホテル』
なのは間違いありません。その後、
『週刊文春』(週刊文春)など各メディアが
後追いしましたが、万城目先生はフジテレビに対して
『もう自分の原作を使うな!』と“絶縁宣言”
したそうです」
(芸能事務所関係者)

「本能寺ホテル」は興行収入16.2億円を記録した
プリンセス トヨトミ」の鈴木雅之監督と
キャスト・スタッフが集結したことで話題性も
高い作品。

しかし、この万城目学氏の怒りのツイートにより
映画「本能寺ホテル」が残念な感じに・・・。

これはキャスト・スタッフは痛かったはず。

「本能寺ホテル」は他にもトラブルがあり、
撮影中も台本がなかなか仕上がらなかった
ことから綾瀬さんや堤さんをヤキモキさせた
とか・・・。

・・・。

「もともと、2人とも万城目さんの脚本
ということで出演を決めたんです。
それが、フタを開けてみたら先生が
途中で降りるわ、本は出てこないわで、
現場は騒然となっていたそうです。
口には出していませんでしたが、
役者さんはみんな、不満そうな顔を
してましたよ」
(映画スタッフ)

元々、フジテレビは08年にドラマ
鹿男あをによし』で万城目学氏の原作を
使用しており、その関係は非常に良好だったと
伝えられていましたが、一体何が起こったのでしょう?

芸能事務所関係者の話。

「一部の人間が礼儀を欠いて、
自分たちに都合のいいように
話を進めるものですから、
原作者が怒るんです。佐藤先生の
『海猿』も、先生に相談なく
関連書籍を出したことで怒られて、
池井戸先生にも『ようこそ、わが家へ』の
主人公を勝手に父親から息子に替えたことで
怒られて……。フジテレビは本当に
反省しない局だと、業界で話題になってますよ」

(芸能事務所関係者)

なぜ原作ものを使用しておいて、勝手に設定を
変更するのか?

そこにはいろいろ噂されているシガラミ?圧力?
ゴリ押し?があるから?

(TV局側なのか、タレント側なのかは分かりませんが)

それでなくとも、ドラマ中に余計な演出
(存在しない「放射能科」とか)が入って
イメージが下降しているだけに・・・。

『今のままだと、フジにNGを突きつける作家は
これからも増えそうだ。』


と「日刊サイゾー」さん。

そのうち、フジテレビから原作モノのドラマが
消えるなんてことがあるのかな?

フジテレビというと
こちらを思い出す・・・。




(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.