木村拓哉&工藤静香、娘の送り迎えは“ヤンキー仕様車”! 「今となっては田舎でもあまり見ない」との声が!? - エンタメ福福

木村拓哉&工藤静香、娘の送り迎えは“ヤンキー仕様車”! 「今となっては田舎でもあまり見ない」との声が!?

木村拓哉&工藤静香、娘の送り迎えは“ヤンキー仕様車”!
「今となっては田舎でもあまり見ない」との声が!?

木村拓哉さん工藤静香さん夫妻が娘さんが通う
都内のインターナショナルスクールに車で迎えにいく
場面を「週刊女性」さんが激写。

木村拓哉さんが運転し、静香さんが助手席に座っている
という写真だそうですが、「アサ芸プラス」さんによると
この写真に思わぬブーイングが上がっているそうです。

そのわけは・・・?

「ルームミラーにネックレスのような
アクセサリーがいくつも、ジャラジャラと
ぶら下がっているのが見えます。これが
『田舎のヤンキーでもこんなの下げない』
『これ流行ったの何年前だと思っているの』
との声が飛び交っていますが、批判というより、
あきれ声というのが正解でしょう」
(芸能ライター)

このヤンキー仕様はキムタクさんのセンスか、
静香さんのセンスなのか?

(多分、静香さん?)

アサ芸プラス」さんいわく、

『車内をチンチラ張りにしたり、
LEDの発光物体をやたらとつけるのが
ヤンキー車のインテリアの特徴だが、
ルームミラーにシュシュやストーンアクセを
ぶら下げるのも“族仕様”のひとつ。』

『ただし、流行したのは90年代後半から
00年代初頭にかけてのこと。
流行遅れのドレスアップゆえ、
都内で見かけることはまずない。』


と解説。

残念ながら、
ひと昔前のヤンキーセンスなようです・・・。

「今となっては田舎でもあまり見ませんよ。
窓の部分しか写っていないので断定はできませんが、
車は木村のものだと思われます。ただ、
アクセのセンスは工藤によるものではないでしょうか。
『古くて田舎臭い』のはいかにも彼女らしいですね」

(女性誌記者)

清々しいくらい一刀両断ですね・・・。
(静香さんにも手厳しい・・・)

『木村の主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)も
期待はずれな視聴率に終わりそうだが、2人のイメージが
回復するのはまだまだ先のようだ。』


「アサ芸プラス」さん。

確かにイメージアップへの道のりは険しいかも。

娘さんの感想も
聞いてみたい。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(アサ芸プラス・週刊女性)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.