レイチェル・オーウェン(Rachel Owen)48歳で死去。
レディオヘッドのトム・ヨークの元パートナー。

レディオヘッド(Radiohead)トム・ヨーク(Thom Yorke)
元パートナーだったレイチェル・オーウェン(Rachel Owen)
48歳の若さでガンにより死去しました。

版画家・芸術家でもあり、オックスフォード大学の講師でもあった
レイチェル・オーウェンは大学では中世のイタリアの文学を
教えていたそうで、最近までは大学で授業を行っていたとか。

亡くなる前の1年間はかなり病状が悪かったようです。

写真で見るレイチェルはサングラスを掛けているものの、
笑顔が知的な感じの女性。

トム・ヨークとレイチェル・オーウェンは大学時代に知り合い、
23年間事実婚状態でしたが、2015年夏に残念ながら
別離を選びました。

「非常に創造的で幸せだった
23年間を経て、様々な理由から
僕らは別の道を歩むことになりました」

(トム・ヨーク)

2人の間にはノアくん15歳、アグネスさん12歳の子供がいます。

別離後、レイチェルの病気が発覚したとの情報も。

トム・ヨークのバンド、レディオヘッドのアルバム
「ア・ムーン・シェイプト・プール (A Moon Shaped Pool)」
はレイチェルとの別離が影響を与えた作品とも言われているそうです。

48歳での死去は若すぎますね。

子どもたちもショックを受けていることでしょう。
心配です。

ご冥福をお祈りします。合掌。

悲しい話・・・。




(本日も読んでいただいてありがとうございます)

(NME・BARKS・RO69)

関連記事