成宮寛貴の挫折・・・、主演映画の頓挫、歌手デビュー消滅、 格下だった瑛太の活躍、「相棒」もスケジュールが空いていたから選ばれた!? - エンタメ福福

成宮寛貴の挫折・・・、主演映画の頓挫、歌手デビュー消滅、 格下だった瑛太の活躍、「相棒」もスケジュールが空いていたから選ばれた!?

成宮寛貴の挫折・・・、主演映画の頓挫、歌手デビュー消滅、
格下だった瑛太の活躍、「相棒」もスケジュールが空いていたから選ばれた!?

成宮寛貴さんの芸能界引退は
12月9日のこと。

コカイン吸引疑惑に答えることなく、
1周間が経過しましたが、
「日刊サイゾー」さんに成宮さんの
過去を知る映画関係者の証言。

「実際にクスリをやっていたか
どうかはわかりませんが、
彼は2005年頃に一度、
大きな挫折を味わっているんです。
もしかしたら、それがきっかけで……
と思うことはありますね」

(映画関係者)

芸能事務所関係者も

「本人はすでに海外にいるそうですし、
真相は闇の中。ただ、俳優としては
伸び悩んでいたのも事実です」

(芸能事務所関係者)

と言及。

成宮さんといえば、2000年に、
宮本亜門さん演出の舞台
『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』
で華々しく俳優デビュー。

その後はその中性的な少年ぶりが買われ、
CMやドラマで引っ張りだこに。

常にスポットライトを浴びている、
そんなイメージ・・・。

「特に02年の『ごくせん』(日本テレビ系)の
ヒットが大きかったですね。04年の
『オレンジデイズ』(TBS系)では、妻夫木聡、
柴咲コウに次ぐ3番手で、あの瑛太よりも
番手は上でした」
(ドラマスタッフ)

「オレンジデイズ」は人気があるドラマだったようで、
再放送されなくなるのでは?との悲しみの声も
ネットで囁かれました。

「ごくせん」「オレンジデイズ」での活躍で
成宮さんに主演映画のオファーが舞い込みます。

しかし・・・。

「それが、10年に赤西仁、北乃きい主演で
公開された映画『BANDAGE バンデイジ』です。
もともと06年に成宮主演でやることが
決まっていたのですが、当時はいろんな
事情があって流れたんです。そのとき、
彼は楽器もものすごく練習して、
赤西と同じように歌手デビューも
決まっていたんです。それだけに、
初主演映画が流れたのは相当な
ショックだったようです」

(ドラマスタッフ)

いろんな事情とは何だったのでしょう。

自分が主演するはずだった映画が
4年後、別のアイドルが主演するのを
聞いて、どれほどショックを受けた
ことか。

かなり気の毒な話です。

ただ救いだったのは映画「BANDAGE バンデイジ」
が大コケしたことですが・・・。

さらに成宮さんに追い打ちをかける
出来事が。

それは自分より格下の瑛太さんの活躍
でした。

これがまた運命のいたずらとしか
言いようがないのです。

「実は、映画と同じタイミングで、
あるドラマの話が彼のもとに来ていたんです。
それが篠原涼子さん主演で大ヒットした
『アンフェア』(フジテレビ系)でした。
事務所から『映画とドラマ、どっちにする?』
と聞かれた成宮クンは、映画を選んだそうです。
その結果、映画は流れ、断ったドラマは
シリーズ化されるほど大ヒットしました。
『アンフェア』で2番手に抜擢された
瑛太クンの以降の活躍は、言うまでもありません。
成宮クンはこれでケチがついたのか、
初主演ドラマは10年までありませんでした。
12年には『相棒』(テレビ朝日系)に
出演していますが、これも半年以上
スケジュールが取れる俳優ということで
選ばれたので、本人はあまり
うれしくなかったと思いますよ」

(テレビ局関係者)

「事務所からは『映画はこういうこともある。
だからドラマにしとけばよかったんだ!』と、
半ば突き放されたと聞きました。それには、
かなりショックを受けていましたね。以降、
あまり事務所に仕事のことを相談しなくなった
とも聞きました」


と当時の成宮さんを知る関係者氏。

「相棒」の裏事情、以前成宮さんと同じ事務所の
木村佳乃さんが「相棒」に準レギュラーで
出演していたことが縁で、成宮さんがバーターで
新「相棒」に選ばれたなんて話を聞いたことが
ありましたが、このテレビ局関係者氏の話が
事実ならば成宮さん=バーター説は本当だった!?

『10年前の出来事が、
彼の命運を分けたのかもしれない――。』


「日刊サイゾー」さん。

人生で挫折して薬物使用は駄目ですが、
もっと成宮さんの話に耳を傾けるような
大人や、指導してくれる大人がいれば
また違った人生があったのかもしれないと
思うと、非常に残念な気持ちになります。

弱肉強食の世界と言われる芸能界でも、
芸能人は物じゃなく、人間なんだから。



ブッキーとの共演。



(本日も読んでいただいてありがとうございます!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.