織田裕二主演映画「ボクの妻と結婚してください。」が大コケ!! 「IQ246~華麗なる事件簿~」は好調も代表作「踊る大捜査線」続編ある!? - エンタメ福福

織田裕二主演映画「ボクの妻と結婚してください。」が大コケ!! 「IQ246~華麗なる事件簿~」は好調も代表作「踊る大捜査線」続編ある!?

織田裕二主演映画「ボクの妻と結婚してください。」が大コケ!!
「IQ246~華麗なる事件簿~」は好調も代表作「踊る大捜査線」続編ある!?

織田裕二さん主演ドラマ
「IQ246~華麗なる事件簿~」
は二桁視聴率を記録し、
好調ですが、映画の方で
心配なニュースが。

4年ぶりとなる主演映画
「ボクの妻と結婚してください。」
が今月5日封切られました。

あの大ヒット中のアニメ映画
『君の名は。』の296館を上回る
313館での上映もあまりの不入りに
関係者は頭を抱えてしまっていると
「日刊サイゾー」さん。

映画ライター氏は映画の内容と
裏事情を説明。

「末期のすい臓がんで余命6カ月と
宣告された主人公のテレビの放送作家が、
自分が死んだあとを憂い、妻の
再婚相手を探すというストーリー。
業界内ではなかなか高評価だったものの、
興行通信社が発表する週末の興行成績の
動員数をもとにした『国内映画ランキング』では、
初週6位。2週目は8位で、
3週目でトップ10圏外に陥落してしまった。
興行収入は、大規模公開館数なら10億円が
及第点だが、現状では5億円に届くかどうか
というところ。織田はかなり作品に入れ込み、
これまでの作品ならあれこれ口を出したり
したが、今回の作品では製作サイドの意向を
受け入れた。プロモーション活動にも
かなり気合が入っていたが、配給元の
東宝の同規模の公開館数作品では
ワーストを争う低調な数字。
すっかり織田自身が“オワコン”
となったことを露呈してしまった」

(映画ライター)

業界的には評価が高かったようですが、
内容は少々重め。

織田裕二さんと同年代、ファン層を
考えると親や周囲の人、自分自身も
病気とは無縁ではなく、現実的。

しかし、重篤な病を患う織田さんが
妻の再婚相手を探すというストーリーは
荒唐無稽すぎやしませんかね・・・。

織田裕二さんと同年代、ファン世代から
一斉にツッコミが入りそうな気がします。

織田さんの代表作と言えば

「踊る大捜査線」(フジテレビ系)シリーズ。

ドラマ・映画共に大ヒットしました。


他の映画は

「湘南爆走族」「彼女が水着にきがえたら」
「BEST GUY」「波の数だけ抱きしめて」
「就職戦線異状なし」「ホワイトアウト」
などに出演。

ただ、ドラマ「外交官 黒田康作」

「アマルフィ 女神の報酬」

「アンダルシア 女神の報復」


の2作品映画化したものの、

「踊る大捜査線」のような大ヒットとは
なりませんでした。

織田さんクラスともなると大ヒットが
当たり前だと思われるから大変ですね。
(映画の予算の規模も大きいから
仕方がないのかもしれないけど)

「『踊る』以降の織田の方針として、
役のイメージがつくのを嫌がり、
同じ役は引き受けない。
『IQ246』は、視聴率次第では
映画化する話も浮上しているが、
“オワコン”ぶりが明らかになり、
崖っぷちの織田なら、方針を転換して
同じ役を受けることもありそうだ。
いずれにせよ、今後の仕事は、
同ドラマが終盤にかけてどこまで
数字を伸ばせるかにかかっている」

(芸能デスク)

「日刊サイゾー」さんは

『『踊る』の続編をやれば、
それなりの数字を叩き出すはずだが、
織田の胸中やいかに??。』


と結んでいますが、手っ取り早いのは
「踊る大捜査線」の続編映画。

「踊る大捜査線」TV放送開始は1997年。
来年で20年を迎えるんですね。(早っ!)

20年の節目で映画「踊る大捜査線」、
あるのかな・・・。


今織田さんが取り組んでいるドラマは
「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)。

視聴率2ケタ台をキープしていて、
ドラマ冬の時代でも好調です。

織田さんは偏屈な貴族の末裔、法門寺沙羅駆
(ほうもんじしゃらく)を熱演。

一部では織田さんのモノマネで有名な芸人・
山本高広さんの持ちネタ、ケイン・コスギさんの
声色が織田さんが演じる法門寺沙羅駆
(ほうもんじしゃらく)にソックリとも。

(ぱーふぇくと・ぼでいー?)


それはさておき、
織田裕二さんは視聴率を稼げる俳優さんだと
思いますが、どんなに良い俳優でも
脚本が大事。

良い脚本であればおのずといい結果は出ると
思いますが…。

(来年、メモリアルイヤーなだけに
「踊る大捜査線」続編キタ――(゚∀゚)――!!
の可能性、あるかも・・・)


織田さんは
正義の味方役が合うかも。



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.