「日本レコード大賞」近藤真彦「愚か者」はオリコン35位で大賞受賞!? 「週刊文春」三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE買収疑惑は過去にも!? - エンタメ福福

「日本レコード大賞」近藤真彦「愚か者」はオリコン35位で大賞受賞!? 「週刊文春」三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE買収疑惑は過去にも!?

「日本レコード大賞」近藤真彦「愚か者」はオリコン35位で大賞受賞!?
「週刊文春」三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE買収疑惑は過去にも!?

「週刊文春」さんで報道された
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
所属の芸能事務所LDHが「日本レコード大賞」の
大賞を受賞選考に強い影響力を持つ芸能事務所
バーニングプロダクションに1億円を支払っていた
という疑惑。


噂はありましたが、この記事はかなり衝撃的
でした。

バーニングプロダクションという、
芸能界のドンの一人がトップの事務所に
1億円が支払われていたのですから。

「ビジネスジャーナル」さんは
「日本レコード大賞」が87年当時から
大賞受賞曲の選定について疑惑は
湧き上っていたとの記事を掲載。


87年からの「日本レコード大賞」の
「疑惑の受賞」続出!?の歴史とは!?

ある音楽業界関係者氏の話。

「87年、近藤真彦が『愚か者』で大賞になっていますが、
オリコン年間ランキングは35位。前年に『DESIRE -情熱-』、
前々年に『ミ・アモーレ』と2年連続で受賞した中森明菜の
両曲は、共に同2位。80年代の大賞獲得者で年間ベスト30に
入っていない曲は『愚か者』だけで、ほとんどの受賞曲は
年間ベスト10以内です。たしかにこの時代は歌番組全盛で、
オリコン順位だけで曲の人気を図れるものではありませんが、
明確に売上で劣っている曲がレコード大賞になることに当時、
疑問の声が上がりました」
(音楽業界関係者)

確かに、近藤真彦さんの「愚か者」はあまり、
売れたという印象がない・・・。

萩原健一さんも歌っていた曲)

87年のヒット曲というと、

「命くれない」瀬川瑛子さん

「君だけに」少年隊

「難破船」中森明菜さん

「STAR LIGHT」光GENJI

「雪国(雪國)」吉幾三さん

「WAKU WAKUさせて」中山美穂さん

「話しかけたかった」南野陽子さん

「Get Wild 」TM NETWORK

「Marionette~マリオネット~」BOOWY

「輝きながら…」徳永英明さん

「Strawberry Time」 松田聖子さん

などなど。(ほんの一部です)

懐かしい曲ばかりですが、上にあげた曲は
近藤真彦さんの「愚か者」より売り上げ
上位にある曲ばかり。

当時も近藤真彦さんの「愚か者」の
「日本レコード大賞」受賞は不思議でしたが、
多くの視聴者も同じ疑問を持ったようです。


『視聴者が不信感を抱いたのか、
視聴率はこの年を境に大きく下落していく。』

「ビジネスジャーナル」さんより抜粋)

翌年の88年は21.7%、89年には14%にまで
視聴率は急落。

「この年のレコード大賞は、6月に亡くなった
美空ひばりの受賞が確実視されていたが、土壇場で
情勢が動き、アイドルユニットのウインクが大賞に
輝きました。この年に大ブレイクしたので不可思議
とまではいえませんが、美空ひばりという日本歌謡界の
功労者を退けての受賞は多くの国民が喜べるものでは
ありませんでした。ウインク本人たちも
『本当に私たちなの?』と驚いていたほどです。
タレント本人たちはある意味、被害者ですよ。
70年代から大賞をめぐって金銭が動いているという
疑惑はありましたが、この年からレコード大賞に対する
世間の目が厳しくなったのは事実です」

(前出・音楽業界関係者氏)

その後90年から3年間、大賞を「演歌部門」と
「ポップス部門」に分ける措置に変更しました。

90年「ポップス部門」のレコード大賞は
「おどるポンポコリン」B.B.クィーンズ。

アニメ「ちびまる子ちゃん」の主題歌ですが、

「ぴ~ひゃら、ぴ~ひゃら、ぱっぱぱらぱ♪」

という歌詞が「日本レコード大賞」・・・。

(個人的にはレコード大賞の権威は
この時決定的に崩れたような気がする・・・)

「ビジネスジャーナル」さんによれば
93年に大賞は再び一本化されたものの、
疑惑が一般的に取り沙汰されるように
なったのはこの頃だとか。

そしてこの93年に大賞に選ばれたのが
Mr.Children。

しかし、Mr.Childrenは授賞式を欠席。

205年には10%の視聴率となり、
1ケタ目前の危機になるも、紅白歌合戦と
被らないように1日前倒しの12月30日
に放送となると視聴率は微増したとか。


そんな最中、「週刊文春」さんによる、
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
「日本レコード大賞」買収疑惑が浮上するとは・・・。

「視聴者は不正に敏感です。
2年連続受賞の三代目の曲は、共に
大賞を受賞するほどのヒットには至っていません。
オリコン年間ランキングでいえば、14年の
『R.Y.U.S.E.I.』は30位、15年の『Unfair World』は
31位。そんな曲が大賞を取れば、誰だっておかしいと
疑い興味を失う。そのため、昨年は放送日を前倒しして
以降、最低の視聴率になったのでしょう」

(前出・音楽業界関係者氏)

『三代目以上にヒットした曲が多数ある中での
受賞では、疑いの声が出て当然だろう。
それを理解できない芸能界の体質は、
末期的症状ではないだろうか。』


「ビジネスジャーナル」さん。

子供の頃の紅白も、日本レコード大賞は
ワクワクしながら見ていたものでしたが、
今は・・・。

第1回日本レコード大賞を受賞した、
水原弘さんの「黒い花びら」は好きな曲。




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(ビジネスジャーナル)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.