ベンガル(俳優)息子・柳原直太容疑者逮捕で「東京スポーツ」、 日本の永住権(配偶者ビザ)狙いで日本人と国際偽装結婚!?(追記) - エンタメ福福

ベンガル(俳優)息子・柳原直太容疑者逮捕で「東京スポーツ」、 日本の永住権(配偶者ビザ)狙いで日本人と国際偽装結婚!?(追記)

ベンガル(俳優)息子・柳原直太容疑者逮捕で「東京スポーツ」、
日本の永住権(配偶者ビザ)狙いで日本人と国際偽装結婚!?(追記)

ベンガルさん(俳優・65)の息子で、会社役員の
柳原直太容疑者(35)が国際偽装結婚で逮捕されました。

昨年5月、柳原容疑者は群馬県在住の
ベトナム人女性(21)に在留資格を取らせるため、
婚姻届を都内の区役所に提出、偽装結婚したとして、
電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で
警視庁組織犯罪対策1課に逮捕されたというもの。

ベトナム人女性と仲介していたベトナム人男性(27)
も逮捕。

柳原容疑者は容疑を認めているそうです。


「東スポWeb」さんによると柳原容疑者は
2013年に都内で会社を設立し、代表兼
チーフディレクターを務めていたとか。

「日本のアートやファッション、
音楽などのカルチャーを世界に発信する」


がコンセプトだったようですね。

それがなぜ、国際偽装結婚で逮捕となって
しまったのでしょう?


関係者氏は「東スポWeb」さんに

「東日本大震災を契機に
『アート作品を通して
日本と世界が国境を越えて
より深くつながっていくことを願って』
と会社を立ち上げたようですが、
米大学を卒業し、経営するもう一つの
会社では貿易や翻訳、ベトナム人の
研修生の育成事業をしていた。
その活動を通じてベトナムの人と
知り合ったのかもしれない」


と証言。

事業で知り合って、国際偽装結婚・・・。
これが犯罪なのは分かっていたはずなのに、
なぜ手を染めたのか?

やっぱり、腑に落ちない・・・。

「東スポWeb」さんは国際偽装結婚に詳しい
事情通氏が「国際偽装結婚」裏事情
語っています。

「日本での永住権(配偶者ビザ)を得るために、
偽装結婚のブローカーに依頼するのは中国人が多い。
相場は250万~300万円。相手となる
日本人の男は多重債務者や低所得者など、
生活に困っている人物があてがわれるが、
取り分は70万~100万円ほど。
摘発されなければ、女性は一生日本で働けて
本国に仕送りができて、いつでも出身国と
行き来ができる。韓国人や東南アジア、
もちろんベトナム人もいますよ」


お金が理由ということでしょうか・・・。

(追記・所属事務所発表によると、
当時経営していたベトナム料理店の
資金繰りが悪化、偽装結婚の話を持ちかけられ、
昨年6月に偽装結婚をしたとのこと、
その約1年後、犯罪行為をしている後ろめたさから、
9月上旬、東京入国管理局および久松警察署に
出頭し、法律上自首が成立したそうです)


ここ最近は、民進党参議院議員で党首の
蓮舫議員2重国籍問題もあり、これまで
日本人なら意識しなかった国籍問題も
ネットでいろいろな記事を目にする今日この頃。

国籍問題といえば国際結婚も、もちろん然り。
(正式な手続きを踏んでいる人が多いとは
思いますが・・・)

その最中の事件で、しかもベンガルさんのような
有名人の子供が国際偽装結婚で逮捕とは・・・。
(ベンガルさんも気が気ではないかも)

偽装結婚で永住権(配偶者ビザ)を取得・・・、
これは氷山の一角かもしれませんね。

続報が気になります。


「ベンガル」検索したら、
猫ちゃんばっかりだった・・・。




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(東スポWeb・オリコン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.