平幹二朗 「同性愛疑惑」「沖雅也の自殺に取り乱す」「男性問題で佐久間良子との離婚」浴槽で心肺停止状態で息子、岳大が発見も平幹二朗急死・・・。「カインとアベル」出演は?(追記・加筆) - エンタメ福福

平幹二朗 「同性愛疑惑」「沖雅也の自殺に取り乱す」「男性問題で佐久間良子との離婚」浴槽で心肺停止状態で息子、岳大が発見も平幹二朗急死・・・。「カインとアベル」出演は?(追記・加筆)

平幹二朗「同性愛疑惑」「沖雅也の自殺に取り乱す」「男性問題で佐久間良子との離婚」
浴槽で心肺停止状態で息子、岳大が発見も平幹二朗急死・・・。「カインとアベル」出演は?(追記・加筆)

平幹二朗さんが東京都内の自宅浴槽で心肺停止状態
にところを息子で俳優の平岳大さんに発見されたものの、
亡くなられたそうです。82歳でした。

死因は不明で警視庁北沢署は事件性はないとの見解。

現在放送中の月9ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)
にも出演していて、代役(平さんは高田宗一郎役)は今は未定だそう。

(再放送では追悼テロップを表示、
本放送でも追悼テロップを予定しているとか)

平幹二朗さんはTVドラマ、映画、舞台と変幻自在に
活躍されていました。

ご冥福をお祈りします。

そんな平幹二朗さんというと、衝撃的だったのは女優・
佐久間良子さんとの離婚と「同性愛疑惑」。

(記者会見での佐久間良子さんの気丈かつ、
サバサバした様子が福福の子供心に印象に残りました)

離婚会見では平さん・佐久間さん双方の男性問題!?
記者さん達の興味が集中していたと「週刊新潮」さん。

平さんは以前から“男性の噂”が絶えなかったようで、
好みの男優と部屋にずっと籠りっきりになる、
男性と手を繋いで歩くなどの目撃談も多かったとか・・・。

俳優の沖雅也さんが自殺した時はかなりショックを
受けていたようで、弔問では

「胡蝶蘭のような人でした……」

と取り乱した姿を見せていたそう・・・。

芸能レポーターの須藤甚一郎氏は「週刊新潮」さんに

「私が蜷川幸雄の稽古を取材したときも
平が若い俳優の体をコチョコチョくすぐって
じゃれていた。蜷川さんは“そんなことするから
噂になっちゃうんだよ”って笑っていたけど、
なるほどと思ったものです」


離婚会見当日、

「会見が始まる前、芸能レポーターの梨元勝さんと
“夫婦揃って男問題を抱えているんだから、
聞かないわけにはいかないよな!”なんて
意気込んでいたのです」
(須藤甚一郎氏)

ただ2人とも、円満離婚でお互い不貞はなかったと
主張。

しかし、ある記者がとうとう口火を切って質問。

「それでは平さんの男性問題なんですが!?」


平さん「僕がお答えするより、彼女に……(微笑む平さん)」

佐久間さん「そんなことはまったくありません」

芸能レポーターの石川敏男氏は「週刊新潮」さんに
当時の離婚会見について

「我々もあきらめず、手を替え品を替え質問を
繰り返したのですが、はぐらかすばかり。
あくまで“円満に別れました”と言いたいための
場だったというわけです」


平さん・佐久間さんも双子の子供の両親として
守らなければならないものもあったのではないかと。

ただ芸能界では有名な話だった
平幹二朗さんの同性愛者説。


芸能プロダクションのマネージャーをしていた
星伸司氏という人物の著書

「虚飾の海」(恒友出版)

にはゲイタウン・新宿2丁目で繰り広げられる
芸能人たちの痴態を暴いた書物
だといいます。
その中に平幹二朗さんとおぼしき人物が登場します。
一部抜粋。

「M・Hも、いつも二人連れでやって来る。
M・Hは人気のある俳優だ。(中略)新劇の
研究生らしい、青白い肌をした若者。
スポーツをやるしか能のないような、大男の学生。
どこかで拾って来た、という表現がピッタリの、
労務者風の中年男。というふうに、タイプも
年齢も千差万別の男たちを相手にしている。
その頃M・Hはテレビの時代物に出演中で、
次第に人気が出始めていた」


おそらく、週刊誌ではまた平さんの同性愛疑惑に
ついて掲載されることになるでしょうか。

ドラマの代役等、続報が気になります。

平さんというと、舞台での
ゴージャスで耽美な世界観での
演技(艶技?)。



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(産経新聞・週刊新潮)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.