コブクロ・小渕健太郎「週刊新潮」不倫報道に相方・黒田俊介まで!? 小渕「タイガーウッズ病」黒田「地元のキャバ嬢」でWゲス不倫決定か!? - エンタメ福福

コブクロ・小渕健太郎「週刊新潮」不倫報道に相方・黒田俊介まで!? 小渕「タイガーウッズ病」黒田「地元のキャバ嬢」でWゲス不倫決定か!?

コブクロ・小渕健太郎「週刊新潮」不倫報道に相方・黒田俊介まで!?
小渕「タイガーウッズ病」黒田「地元のキャバ嬢」でWゲス不倫決定か!?

コブクロ・小渕健太郎さんが「週刊新潮」さんに
複数の女性との不倫を掲載され騒動に!

コブクロは既婚者であることをなぜかファン・
マスコミに隠して活動していたそうです。

中学の同級生だった一般女性と1997年に結婚した
小渕さん。

既婚者の小渕さんには無数の女性の影があり、
週刊新潮」さんには30代前半の女性タレントと
大阪・北新地のホステスとの関係
が掲載
されたとか。

サイゾーウーマン」さんによれば
以前から小渕さんの女性好きは有名で、

音楽業界では小渕さんのことを

「タイガーウッズ病では?」

とセックス依存症を疑う声も。

「この手の記事が今まで出なかったことが、
むしろ不思議なくらいです。小渕は日本全国
津々浦々、プロモーションで訪れた地方テレビ局で
“ハンティング”に励んでいたそうで、
ローカルタレントや女子アナ、番組ADにディレクター、
報道記者に至るまで、無数の女性との関係が
ウワサされていました」
(レコード会社関係者)

それではスキャンダル発覚は時間の問題でしたね。

この話が事実ならば
つくづく小渕さんの奥さんが気の毒。

サイゾーウーマン」さんでは小渕さんの
口説きのテクニック
を掲載。

それがまた古典的手法。

『近づいた女性に
コンサートチケットを
プレゼントし、さらに
「あの曲は君を思って作った」』

(「サイゾーウーマン」さんより抜粋)

「これもツアーメンバーやスタッフの間では
よく知られた話。とにかく手当たり次第、
女性に手を出すので、周囲からは
『さすがにヤバイでしょ……』と後ろ指を
さされていました。自ら用意したコンサートチケットで、
“愛人”を会場の裏口から入れ、挙げ句に奥さんや
子どもたちと同じ、関係者席に座らせていたことまで
あったんです。これを家族やファンが知ったら、
どんな気持ちになるのか……どうしてそこを
考えられないのでしょうか」
(レコード会社関係者)

かくして、

週刊新潮」さんの記事で
報道されたことにより鉄槌が下されたと…。

また相方の黒田俊介さんにも不倫疑惑が・・・。

「黒田は2005年に一般女性と結婚、今年、
第3子となる男児に恵まれています。
小渕と同様、あまり家族について公に
触れることは少ないですが、ファンの間では
“子煩悩パパ”として有名です」

(スポーツ紙記者)

一見、幸せ家族な黒田さん、しかし・・・。
コンサート制作スタッフ証言は違います。

「特定の愛人がいるというわけでなく、
そこかしこで“つまみ食い”を繰り返していた
ようです。そんな小渕を、ずっと黒田は冷めた目で
見ていたようですが、いつからかスタッフの間で、
『黒田にも女性の影がチラつくようになった』
といわれるようになりました」

「地元のキャバクラ嬢で、
すでに関係は切れたという説も
ありますが、黒田は既婚者だけに、
周囲はヒヤヒヤしていましたよ。
その女性の母親と3人で、
ディズニーランドに遊びに行った
なんて話もありましたから。
小渕と2人揃って『Wゲス不倫』なんて
報じられた日には、コブクロ自体が
消滅しかねません」

(コンサート制作スタッフ)

(こちらも事実ならば2人ともサイテー)

今年はデビュー15周年。
来年は2人も厄年。
コブクロ崩壊キタ――(゚∀゚)――!!
も近いかも!?



あ~あ。





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(サイゾーウーマン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.