福山雅治がマツコ・デラックスの「夜の巷を徘徊する」で“接待”される!? でもいつも通りの視聴率(8.5%)で注目度低く映画「SCOOP!」番宣失敗!? - エンタメ福福

福山雅治がマツコ・デラックスの「夜の巷を徘徊する」で“接待”される!? でもいつも通りの視聴率(8.5%)で注目度低く映画「SCOOP!」番宣失敗!?

福山雅治がマツコ・デラックスの「夜の巷を徘徊する」で“接待”される!?
でもいつも通りの視聴率(8.5%)で注目度低く映画「SCOOP!」番宣失敗!?

マツコ・デラックスさんの「夜の巷を徘徊する
(テレビ朝日系)に映画「SCOOP!」主演の
福山雅治さんが登場!

夢の初共演が実現するも、映画番宣丸出しの
失策か!?
「サイゾーウーマン」さんが
伝えています。

番組は本来、マツコさんが夜の東京をあてもなく
お散歩するという内容。

しかし、この日(9月28日)はマツコさんが福山さん
主演の映画『SCOOP!』のPRコメントを撮っている
オフィスまで出向いての映画「SCOOP!」番宣祭り。

福山さんの好物カレーを食べにカレー店へ行くなど
福山さん“接待番組”化していたというのです。

芸能ライター氏は「サイゾーウーマン」さんに
少々イタイ番組内容を説明。

「神保町の古書店に2人が立ち寄った際には、かつての
人気アイドルグループ・CoCoの元メンバー、宮前真樹の
話題になり、福山が『(彼女は)今……野菜やってらっしゃい
ますよね。サラダ屋さんをね』と言うと、マツコはすかさず
『やっぱり(店のサラダには)キューピーハーフかけてる。
もちろんよね』と返しました。福山がCMを務める商品名まで
挙げるとは、まるで接待番組のようです。ただ、本選びの最中、
会話が続かなかったのか、マツコはいつものようにカメラマンに
向かって会話をしていた姿が印象的でした」
(芸能ライター)

テレビ関係者氏は2人の共演について

「現在公開中の福山の主演映画『SCOOP!』の製作には
テレビ朝日が関わっている。そこで、同局の番組を
持っているマツコと絡ませれば話題性も十分と上層部は
踏んだのでしょう。ただ、この回の視聴率は8.5%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)といつも通りでした」

(テレビ関係者氏)

福山さんの主演映画「SCOOP!」は全国映画動員ランキング
(興行通信社調べ)で初登場4位と大苦戦しています。


これまで福山さんは数々の大ヒット映画に主演してきました。

『容疑者Xの献身』

『真夏の方程式』

『そして父になる』


はどれも初登場1位獲得するなど大ヒットを記録。

しかし、ここ最近は福山さんが吹石一恵さんと結婚した
ことにより、ファン離れが加速していると言われています。

ドラマも大コケしたのは記憶に新しいところで、
映画も初登場4位というのがその人気凋落の顕著な
傾向かと思われます。

サイゾーウーマン」さんいわく、福山さんが、
絶好調なマツコさんと共演する姿がどう見ても
人気急落の救済策と捉えられてもやむを得ないのでは?

と掲載。

次の救済を待っているのがSMAP(スマップ)
木村拓哉(キムタク)さん
ではないかとも。

マツコ・デラックスさんと木村拓哉(キムタク)さんは
一時期ではあるものの、同じ高校の同級生だったと
いうのは有名な話ですね。

これまで2人は共演NGでしたが、ここにきて
共演NGの封印は解かれたようです。

「これまで彼は、俳優としてピアニスト、美容師、検事、
パイロット、レーサー、宇宙戦艦ヤマトの乗組員、そして
来年登板するというドラマでは医師と、“華のある職業”を
数多く演じてきましたが、年齢的にも彼に合う役がなくなり
つつある。今後は、稲垣吾郎のように脇役に回るしかないが、
そこまでブランドを自ら落としたくはない。そこでバラエティの
世界で活躍することでタレント生命を上手に長持ちさせながら、
対照的に俳優としてのキャリアをソフトランディングさせていく
狙いでは」
(テレビ関係者)

マツコさんとの共演でSMAP(スマップ)解散による
ネガティブイメージを払拭したいという思惑は
あるでしょうし、俳優としての限界(共演女優が見つからない、
視聴率が全盛期を過ぎた、など)はヒシヒシと感じているのかも。

しかし、「サイゾーウーマン」さんは

『だが、人気者と共演する絵づらは、さらに落ち目ぶりを
際立たせ、“すり寄る”ようにも見えてしまう危険性も
はらんでおり、諸刃の剣であることは確かだ。』

と鋭い指摘。

福山さんとマツコさんの共演の結果をどのように
分析するのかにもよるかもしれません。

しばらくは様子見・・・、かな?
(年末か、年明け共演あり?)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SWITCH(34-5)
価格:972円(税込、送料無料) (2016/10/5時点)

マツコさんがまさか媚びを売るとは・・・。




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(サイゾーウーマン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.