実は内心ヒヤヒヤだった歌舞伎俳優とは!?「週刊文春」スクープ予告 中村橋之助、芸妓市さよと密会・不倫疑惑に歌舞伎界なぜか安堵の声!? - エンタメ福福

実は内心ヒヤヒヤだった歌舞伎俳優とは!?「週刊文春」スクープ予告 中村橋之助、芸妓市さよと密会・不倫疑惑に歌舞伎界なぜか安堵の声!?

実は内心ヒヤヒヤだった歌舞伎俳優とは!?「週刊文春」スクープ予告
中村橋之助、芸妓市さよと密会・不倫疑惑に歌舞伎界なぜか安堵の声!?

週刊文春」さんが報じた中村橋之助さんと京都の
人気芸妓・市さよさん密会・不倫疑惑になぜか
歌舞伎界が安堵の声が広がっていると
日刊サイゾー」さん。

「やっと報じてくれた……。
大きな声では言えないけど、
正直ホッとしている役者もいる」


とは梨園関係者で今回の中村橋之助さんのゴシップを
歓迎する声が上がっているとか・・・。

実は「週刊文春」さんは歌舞伎俳優の不倫スクープを
予告していたとか・・・。

「6月末にテレビ番組で文春の記者が、
『某歌舞伎役者の不倫を報じる』って
予告していたんですよ。それで、いったい
誰なのか、疑心暗鬼になってたんです」

(親族に歌舞伎役者を持つ梨園関係者)

「実は○○さんが『俺のことかも』って
ヒヤヒヤしていて、万が一、いま浮気が
公になったら、けっこう大変なことに
なっちゃうんで、さすがに夏はおとなしく
していたんです。予定を変更して、
家族サービスを増やしたぐらい……」

(親族に歌舞伎役者を持つ梨園関係者)

最近の「週刊文春」さん芸能スクープ、いわゆる
”文春砲”の影響力は計り知れないものがありますから
気が気でない歌舞伎役者は多かったはず。

6月末に発表された「週刊文春」さん不倫スクープ情報
から2カ月半というもの、様々な歌舞伎役者の名前が
浮上していたそう。

日刊サイゾー」さんでは、週刊誌常連?の
歌舞伎役者たちの名前。

『父親がかなりの女好きで知られ、2009年に
女優の前田愛と結婚した6代目中村勘九郎や、
昨年に一般女性と再婚した中村獅童、
2年前から別居や離婚危機が伝えられる
市川中車こと香川照之、女優の藤原紀香と
3月に結婚したばかりの片岡愛之助、
妻の小林麻央が闘病中の市川海老蔵らの
名前が飛び交っていたという。』


確かに香川照之さん以外はまだ若手ばかりで
”もしや?”と思わせる感じです。

しかし、実際は一見不倫とは無縁そうな”大穴”
中村橋之助さんがターゲットだったんですね。

橋之助さんと密会していた不倫相手がタレント活動も
していてメディア露出もしていた人気芸妓・市さよさん
だったことから「週刊文春」さんはスクープ狙っていた
のかもしれないですね。

橋之助さんがお練りの時も市さよさんの姿がバッチリ
撮影されていて、「週刊文春」さんにマークされていた
とは夢にも思っていなかったのでしょう。

色々な意味で残念ですね。
(脇が甘いのと、大胆な不倫行為が・・・)


中村橋之助さん一家は襲名などのイベントが目白押し。

まず、橋之助さんは10月に大名跡「八代目中村芝翫(しかん)」
を襲名する予定。

長男の中村国生さんは橋之助の名前を次男・中村宗生さん
福之助を、三男・中村宜生さんは歌之助を襲名する予定で
前代未聞の親子4人が同時襲名という晴れの舞台が迫っています。

そのため、今年の夏はその襲名準備に追われていたとか。

「夏休み返上で家族全員が一緒に準備しているわけですから、
浮気相手がいたって、入り込む余地はないと見るでしょう。
さらに奥様(女優の三田寛子)とは銀婚式があって、
父親の5周忌、長男の成人など節目が重なっていますからね」

(親族に歌舞伎役者を持つ梨園関係者)

橋之助さんは不倫釈明会見で

「家内にはしっかり叱られました。
本当に申し訳ございませんでした」


と謝罪するも

「許す、許さないよりも、襲名を先に考えなきゃいけない。
それを優先に考えています」


と今は不倫騒動を早く終息させて大事な襲名に集中したいと
の見解も。

その裏事情を関係者氏が語ります。

「これは各地の巡業で後援する人々がいて、橋之助さんが
気にするのはそこ。今回の騒動でごひいき筋が損をしたり、
みっともない形になるようなことがあったら一番まずいんです。
ただ、文春に予告され、周辺がみんな警戒していた中でも
密会を続けていたっていうのは自業自得ですから、各地で
お叱りを受けるでしょうね」
(前出・関係者)

橋之助さんは大事な襲名とお詫び行脚を同時進行で
行うことになりそうです…。

しかし、他の歌舞伎役者さん達も安心できそうにない
ようです。

日刊サイゾー」さんが気になる言葉を掲載していますから・・・。

『一方、この関係者(親族に歌舞伎役者を持つ梨園関係者?)が
うっかり漏らしたことで、別の歌舞伎役者に不倫の心配がある
ことも暗に示されたが、こちらは態度を改め、マスコミに
追われる心配はなさそうだという。』

『ただ、歌舞伎役者の中には、病的に不倫をやめられない
者も少なくない。ほとぼりが冷めて、安心しているところを
スクープされる可能性も残っている。』

(「日刊サイゾー」さんより抜粋)

まだまだ油断は禁物なようです・・・。

三田寛子さんがアイドルスマイルで
「離婚はないで~す」発言して
ましたのが、梨園妻の底力、正妻力?を感じました。

橋之助さんって
「太田プロ」と業務提携しているんですね?



(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.