高知東生が高島礼子に離婚届を送り、ASKA(飛鳥涼)夫妻も離婚危機!?高知容疑者は薬物逮捕、aska氏はブログ再開がきっかけか!? - エンタメ福福

高知東生が高島礼子に離婚届を送り、ASKA(飛鳥涼)夫妻も離婚危機!?高知容疑者は薬物逮捕、aska氏はブログ再開がきっかけか!?

高知東生が高島礼子に離婚届を送り、ASKA(飛鳥涼)夫妻も離婚危機!?
高知容疑者は薬物逮捕、aska氏はブログ再開がきっかけか!?

askaさんも!?

高知東生容疑者(覚せい剤取締法違反容疑で逮捕)が
妻で女優の高島礼子さんに 獄中から離婚届を送ったと
女性誌「女性セブン」さんに報じられました。

女性セブン」さんによれば留置場にいる高知容疑者が
弁護士を通じて出したものだそうで、封書の中にあった
離婚届には夫の署名と捺印欄が埋められたとか・・・。

この記事が事実ならば高知東生容疑者の離婚の意思は
固いようですね。(予定調和?)

スポーツ紙記者氏は「デイリーニュースオンライン」さんに

「記事によれば、高知は弁護士に
『これ以上、妻には迷惑をかけられません』
と話していたといいます。芸能界でも稼げず、
高島の父の介護を理由に引退したものの、
蓋を開けてみれば覚せい剤で逮捕……。
しかも、愛人とラブホテルで寝ていた時にです。
さすがの高知も、高島に対しての申し訳なさで
いっぱいになったのでしょうか」
(スポーツ紙記者)

「高島には、やはり『夫を見捨ててもいいのか』
といった迷いがあったと思います。しかし、最後は
高知が彼なりの“男気”を見せたようにも見えます」

(スポーツ紙記者)

高知容疑者の東京地裁での初公判は8月31日ですから
その前に離婚成立でしょうか? 

(不倫愛人・クラブホステスの五十川敦子被告の初公判
も8月31日)

女性セブン」さんには高島さんはこの離婚届を受け入れる
そうで、7月中にドラマ撮影がクランクアップして東京に
帰京後高知容疑者との離婚の手続きを進める模様。

17年続いた結婚生活も夫の薬物逮捕でジ・エンドに・・・。

前出・スポーツ紙記者氏はこれまでの例として

「女優・酒井法子(45)は、2009年に当時の夫とともに
覚せい剤取締法違反で逮捕され、翌年に離婚が成立しました。
元俳優の押尾学(38)も2009年に麻薬取締法違反などで
逮捕されましたが、当時の妻で女優の矢田亜希子(37)は
すぐに離婚を発表。2人はこの頃、すでに別居していました」


と解説。

高知容疑者・高島さん以外にも離婚の危機にある
ビッグネームがいるとの情報が!

askaさんと妻・洋子さんの離婚説が浮上中!?

「デイリーニュースオンライン」さんは

『ASKA夫婦にも離婚危機が到来?』

「女性自身」さんには

『ASKA ブログ再開に妻は激やつれ、マンション売却も検討か』

との見出し!!

気になります。

ワイドショーデスク氏は「デイリーニュースオンライン」さん
にこう証言。

「2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕された
CHAGE and ASKA・ASKA(58)の妻は、離婚しない道を
選びました。ASKAが過酷な薬物依存治療に絶えられたのは、
妻の支えも大きかったことでしょう。しかし、7月18日に
突如ブログを開設したASKAは、どこか危なげな文章を
書き連ねている。26日付のブログには、『あの人が去ってしまった』
といった内容の詩を掲載。一部では、妻と大喧嘩をしたとの
報道もあるので、この夫婦もそろそろ限界なのかもしれません」

(ワイドショーデスク)

ううむ、一度は夫婦でもう一度やりなおす決意をしたと
思われたaskaさん洋子さん夫妻ですが・・・。

「女性自身」さんの記事はどうでしょうか?

音楽関係者氏はこう証言します。

「判決後、自宅謹慎していたASKAさんでしたが、
今年1月に勝手に始めたブログがきっかけで夫人と
口論になったようです。妄想としか思えない
意味不明な内容が、夫人に大きな失望感を与えて
しまったのでしょう。再起させるには入院治療
しかないと覚悟して、医療関係者や弁護士らに
相談すると家族の同意で入院治療ができる
“医療保護入院”を勧められたそうです。
結果、2月からASKAさんは八王子の病院に入院しました」

(音楽関係者)

しかし、ストレスによる円形脱毛症で”ザビエル”状態になる
等、本人にとっては苦痛でしかない入院生活だったよう。

それから3カ月後にはアスカさんの希望で九州の病院に
転院し、元気を取り戻しました。

しかし、「女性自身」さんには奥さんの気苦労は
相当であったと掲載されています。

「彼は再入院したにもかかわらず、まったく
奥さんの苦労を理解できていないようです。
入院させられたと“逆切れ”するようなブログの
文言にも、被害者意識の強さしか感じられません。
退院してから1カ月ほどになりますが、覚せい剤の
後遺症は容易に抜けないと思い知り、奥さんの心労は
ひどくなるばかりのようです」
(医療関係者)

妻・洋子さんはASKAさんが覚せい剤の売人と会っていた
仕事場として使っていたマンションを処分することを
決意。

今売っても5千万円は下らないという物件だそうです。


こちらは今すぐに離婚というニュアンスではないようですが、
洋子さんの心労はかなりなものなようです。


今後が気になります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

極道の妻たち 地獄の道づれ [ 高島礼子 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2016/7/28時点)

大変ですね・・・。




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(女性セブン・デイリーニュースオンライン・女性自身)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.