能年玲奈、所属事務所「レプロエンタテインメント」がワイドショーにクレーム!? 独立問題取り扱いNG=圧力で能年は活動休止状態から芸能界引退へ!? - エンタメ福福

能年玲奈、所属事務所「レプロエンタテインメント」がワイドショーにクレーム!? 独立問題取り扱いNG=圧力で能年は活動休止状態から芸能界引退へ!?

能年玲奈、所属事務所「レプロエンタテインメント」がワイドショーにクレーム!?
独立問題取り扱いNG=圧力で能年は活動休止状態から芸能界引退へ!?

NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」で一世を風靡
した能年玲奈さん活動休止状態から芸能界引退の危機!?

所属事務所の「レプロエンタテインメント」が独立問題で
モメている能年玲奈さんの独立問題を報じないようにと
ワイドショーに申し入れをしていた
ことが分かったと
日刊サイゾー」様。

能年さんと「レプロエンタテインメント」の契約は6月末まで。

『(中略)更新しない場合、レプロ側の強硬策によって
メディアから姿を消す可能性が出てきた。』


「日刊サイゾー」様も掲載していますが・・・。

『独立問題でモメて活動休止状態の能年玲奈が、本当にヤバい。』

「日刊サイゾー」様の掲載するとおりになってしまうのか!?

「あまちゃん」の主役は能年玲奈さんのハマり役、せっかくの
逸材をこののまま放置するようなまねはまさに宝の持ち腐れだと
思われますが・・・。

テレビプロデューサー氏は「日刊サイゾー」様にこう語ります。

「大きな芸能プロには、それぞれ何かあったときの対応に違いがあって、
番組に強いクレームを入れてくるのとそうでない事務所、クレームは
せず、別のタレントをゴリ押しする事務所などがあります。レプロは
そんな中で、かなり強気にクレームを入れてくる事務所で、ここを
怒らせると怖い印象がありますよ」

「日刊サイゾー」様によるとこの「レプロエンタテインメント」、
通称「レプロ」は現在、新垣結衣さんや菊地亜美さん、池内博之さん、
高田延彦さん
などが在籍しています。

また他にはフリーアナウンサー、女子プロゴルファーなども
抱えているとか。

今の芸能事務所は多方面の著名人をマネージメントしていますね。
吉本興業しかり、芸能事務所ではないけどエイベックスもそうですよね。

ということで、前出・プロデューサー氏も多方面の著名人を擁する
「レプロ」は

「ドラマ、バラエティ、スポーツ、情報番組、すべてのジャンルに関係
していて、トラブルを起こすわけにはいかない」

「たとえ圧力めいた話であっても、無視できない」


と気を使う事務所として認識していると・・・。

特にワイドショーは

「情報番組は、タレントとモメると関連イベントの取材ができなく
なるから、従う可能性が高い」


確かに芸能人を扱えないワイドショーって、視聴率が取れなさそう・・・。
ワイドショー的には死活問題ですね、これは・・・。

しかし、能年には、NHK朝ドラ『あまちゃん』で親子役を演じた
小泉今日子さんがいる!?

能年さんブログに小泉さんの出演舞台を観劇に訪れた時のツーショット写真
が掲載され、一部メディアが小泉さんが能年さんを自身の個人事務所に
入れるのでは?との情報が流れたことも。

「小泉の個人事務所が、能年をバックアップするのではないか」

この情報に否定的なのは前出・プロデューサー氏。

「小泉さんが付いたところで、レプロ側が納得しなければ
何も変わらない」


小泉さんはバーニングプロから独立し、自身の事務所を
立ち上げたことでも話題になりました。

とある雑誌のインタビューでも

「日本の芸能界ってキャスティングとかが“政治的”だから
広がらないものがありますよね。この芸能界の悪しき因襲も
そろそろ崩壊するだろうという予感がします」


と語っていた小泉さん。

『芸能プロがタレントを不当に拘束する旧時代的な手法を
批判する“掟破り”をやってのけ、個人事務所を作っている。』


「日刊サイゾー」様が掲載するほど思い切りの良い
小泉さんですが、

「大手芸能プロのど真ん中で育ってきた小泉だからこそ許された」

と小泉さんがバーニングで特例扱いされていたからやれたことと
業界内では言われているそう。

独立トラブルに揺れている能年を自身の事務所へ招き入れるなど
さすがの小泉さんでも無理なのでは?と「日刊サイゾー」様。

「ブログへのツーショット写真を許したのは、むしろ本気で
バックアップするつもりがないということだろうと見ています。
本気で能年を助けようとするなら、関係者の顔を潰さないよう、
水面下でひそかに動くはず」


と前出・プロデューサー氏。

小泉さんが後ろ盾なら安心だったのですが・・・、やっぱり
ダメでしょうか?

能年さんは「生ごみ先生」こと、演出家の滝沢充子氏と既に
個人事務所を作っていますが、「日刊サイゾー」様いわく、
「演出家に洗脳されている」との一部報道はレプロ側が情報提供
して書かせたものだと見る向きも強い
のだとか。

芸能関係者氏は「日刊サイゾー」様に

「実際には、能年自身のワガママが主な原因。演出家に責任を
かぶせるような話が出ているうちは、まだ修復の目はある」


修復できるなら何とかうまくまとまって欲しいものですが、
最悪なのは契約交渉が決裂した時。

「日刊サイゾー」様いわく

『洗脳騒動よりも怖い能年バッシング記事が続出する
可能性もあるわけだ。』


ううっ、怖い・・・。あることないこと書かれる恐怖ですね・・・。

『いずれにせよ『あまちゃん』のヒットから、すでに3年。
時流の早い芸能界では、モメているうちに過去の人と
なってしまう。“タイムリミット”は、そう遠くないだろう。』


「日刊サイゾー」様。

能年さんが復活することを願いたいですが、果たして・・・。

可愛かった!





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(日刊サイゾー)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.