宇津井健さん未亡人・文恵さんの会社が33億7000万円もの負債を抱え、倒産! 長男と遺骨・2億円豪邸遺産相続を巡り泥沼トラブルも!「結婚前から経済状況は苦しかった」 - エンタメ福福

宇津井健さん未亡人・文恵さんの会社が33億7000万円もの負債を抱え、倒産! 長男と遺骨・2億円豪邸遺産相続を巡り泥沼トラブルも!「結婚前から経済状況は苦しかった」

宇津井健さん未亡人・文恵さんの会社が33億7000万円もの負債を抱え、倒産!
長男と遺骨・2億円豪邸遺産相続を巡り泥沼トラブルも!「結婚前から経済状況は苦しかった」

宇津井健さんの妻で未亡人の文恵さんが代表を務める会社が倒産!
名古屋地裁に民事再生法の適用を申請し、33億7000万円もの負債を
抱え倒産したそうです。


文恵さんといえば、名古屋の高級クラブ「なつめ」のママ
宇津井さんとの出会いの場でもあったそうです。

しかし、倒産したのは別に運営していた会社だとか。

現地財界関係者氏は「週刊ポスト」様に

「彼女のクラブは中部電力やトヨタ、JR東海など名古屋の錚々たる
企業のエリート幹部たちが集い、『夜の商工会議所』との異名がつく
ほどの名門でした。さらに彼らを相手にした高級スポーツクラブ
などを運営し、財を成していました。しかし長引く不況で、
累積赤字が膨らみました。倒産したのは、このスポーツクラブを
運営する会社です」

「『なつめ』自体は別会社なのでクラブの運営には影響はないと
言われていますが、あれだけの負債は一朝一夕で作れるものではない。
宇津井さんと結婚する前から、文恵さんの経済状況は苦しかったと
話す財界関係者は少なくない」


文恵夫人は宇津井健さんと長年の内縁関係でしたが、宇津井さんが
慢性呼吸不全で亡くなる5時間前の2014年3月14日に再婚しました。


週刊ポスト」様曰く、

『最期にけじめをつけた“美談”としてメディアを賑わせた。』。

しかし、その後は宇津井さんの長男とは遺骨をどちらに納骨するか
で揉め、結局は分骨で折り合いがついたものの、

今度は2億円豪邸を巡り、泥沼の遺産相続トラブルが勃発。


文恵夫人は「お互いの遺産は放棄する」と公言して一応決着した
ようですが・・・。

それにしても負債33億7000万円は巨額ですよね・・・。

企業のエリート幹部のための高級スポーツクラブ・・・、
最新鋭のマシーンなどが自慢のラグジュアリーな設備、もちろん
インストラクターも一流どころを揃えたスポーツクラブだった
のでしょう。

文恵夫人はやり手の経営者だったようですね。

「週刊ポスト」様は文恵夫人に接触を試みるも、会社の方は

「わかる者がいません」の一点張り、自宅はインターホンが
切られているようで、応答なしだったとのこと。

宇津井さんの前妻が亡くなった1年後に“内縁の妻”という
立場のまま、ハワイで結婚式を挙げた文恵夫人。


『遺族の相続トラブルに続く文恵氏の苦境に、亡き宇津井さんは
草葉の陰で何を思うだろうか。』


と「週刊ポスト」様は記事を〆ていますが、2人ハワイで結婚式を
挙げた時が一番幸せだったのかもしれませんね・・・。


岡倉家以上のドラマ・・・。





(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(ZAKZAK・週刊ポスト)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.