ベッキー(32)はファンに謝罪すべきだった!?「週刊文春」の 「ベッキーから本誌への手紙」でゲス極・川谷絵音と別離宣言も芸能界復帰どうなる!? - エンタメ福福

ベッキー(32)はファンに謝罪すべきだった!?「週刊文春」の 「ベッキーから本誌への手紙」でゲス極・川谷絵音と別離宣言も芸能界復帰どうなる!?

ベッキー(32)はファンに謝罪すべきだった!?「週刊文春」の
「ベッキーから本誌への手紙」でゲス極・川谷絵音と別離宣言も芸能界復帰どうなる!?

ベッキーさんゲスの極み乙女。のボーカル、
川谷絵音さん(27)と不倫密会愛が「週刊文春」に
スクープされた一連の騒動。

芸能活動休止状態に追い込まれたベッキーさんが
不倫密会愛を記事にした「週刊文春」様になんと、
苦しい心境を綴った謝罪文ともとれる手紙を渡していました。

そのタイトルが

「ベッキーから本誌への手紙」

手紙の内容を要約すると

「週刊文春」からインタビュー依頼があり、

「お聞きしたいのはベッキーさんのファンやテレビを
観てくださった方々が疑問に思っていることです。」

と言われたので、インタビューではなく、手紙での
回答となったこと。

川谷さんの奥さんへ謝罪したい、お詫びの気持を伝えたいと
いうのが今の一番の気持ちであること。

事務所を通じて謝罪の場を設けたいがまだ実現していないこと。

ベッキーさんは川谷さんの奥さんと一対一で会って
謝罪したいが、川谷さんの奥さん側は川谷さんを交えてなら
会ってもいいと言っていること。

川谷さんとは連絡も取っていない状況で、関係は既に
終わっていることを示唆。

”川谷さんへの気持ちはもうありません。”

”文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて
奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました。”

(ベッキーさんの手紙より)


また、川谷さんとベッキーさんの間で離婚が成立するまで
「友達のままでいよう」との約束事があったこと。

記者会見で”友人関係”と言ったのは誤りで、

「しかし私の行動を考えると恋愛関係だったと言うべきでした。」

・・・。

ベッキーさんの認識では川谷さんとの関係は不倫ではないようです。

ベッキーさん自身、川谷さんを好きという気持ちが当時は大きすぎて
「周りもみえず、本当に愚か」だったと今は感じているとか。

不倫謝罪会見で「週刊文春」の報道を否定するような言動を
とったことを「申し訳ありません」と謝罪しています。

便箋5枚で書かれたベッキーさんの手紙により「週刊文春」様掲載の
不倫密会愛はほぼ事実であったことが証明されました。

「週刊文春」様は”してやったり”でしょう。


ベッキーさん、川谷さんとは「恋愛関係だった」と言うべきだったと
書いていますが、LINEでのやり取りである、

「友達で押し通す予定!笑」(ベッキーさん)

「逆に堂々とできるキッカケになるかも」(川谷さん)

「私はそう思ってるよ!」(ベッキーさん)


の言葉が流出した今となっては「恋愛関係だった」と言えばよかった
と言われても、既に後の祭りでは・・・。

石川敏男氏「サイゾーウーマン」様の
「ベッキー、「文春」への手紙が失策だったワケ――
本当に謝罪すべきだった人とは?」


の中で

『大方のファンは「友人関係」は嘘だと思っていただろうが、
ベッキーは、会見で一度「友達」と言ったのならば、
「文春」にではなく、ファンに向けて「真剣交際だった」
と嘘を謝罪すべきだったのではないだろうか。』

『ベッキーの中では、ファンへの裏切り行為をどう
消化しているのだろう。』

『いまさら、川谷から気持ちが離れたと告白されても
ファンや茶の間は納得しないはず。』

『清廉潔白、優等生だったベッキーは、今回の「文春」への
手紙でますます窮地に追い込まれてしまったような気がする。』

とベッキーさんを批判しています。

それにしても、
「週刊文春」様はベッキーさんネタはこれで封印でしょうか?
「週刊文春」様にはベッキーさんネタの隠し玉があると噂されて
いただけにこれでベッキーさん側もホッとしたかもしれませんね。


自身の行為でかなりの金銭的損失、CMやTVのレギュラーを失い、
芸能界でこれまで築き上げてきた”いい子”キャラも使えなくなった
ベッキーさん。

これからどんなキャラクターで芸能界を泳いでいくのかに
興味があるところです。


川谷さんが今回の不倫騒動であまり周囲から批判の声が挙がらなかった
のが正直腑に落ちなかったのですが、最近は川谷さん本人のみならず、
ゲス極の活動にもジワジワと影響が出始めているようで、気になります・・・。


冬空のLove Song [ ベッキー♪# ]
価格:1049円(税込、送料無料)

ベッキーさん、復活なるかな?




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(週刊文春・サイゾーウーマン)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.