前田健さん死去!倒れる前にバラエティー番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系) 収録で、50メートル走やリレーに挑んでいた!飲み会でうずくまることも…。 - エンタメ福福

前田健さん死去!倒れる前にバラエティー番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系) 収録で、50メートル走やリレーに挑んでいた!飲み会でうずくまることも…。

前田健さん死去!倒れる前にバラエティー番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)
収録で、50メートル走やリレーに挑んでいた!飲み会でうずくまることも…。

心肺停止状態で治療を受けていたまえけんこと、お笑いタレントの
前田健さんが26日、44歳の若さで亡くなりました。

24日近所のイタリア料理店で食事後の午後7時過ぎ、東京
新宿3丁目の路上で突然嘔吐して倒れていたところを
通行人に発見され緊急搬送されました。

サンケイスポーツ」様は医大生カップルがあおむけで倒れていた
前田さんに心臓マッサージを施しパチンコ店設置の自動体外式除細動器
(AED)を使用したそうです。

そのパチンコ店の副店長は「その時は弱いけど脈はあった。呼び掛けても
反応はなく、『カッ…カッ…』と口が動いていた」


前田さんの目は半開き状態だったと当時を振り返っていた副店長。

医大生とパチンコ店の店員らで前田さんを介抱したとか。

緊急搬送後、一時は心臓が動いた「心臓の機能が回復」の情報も
流れたものの、午前1時36分帰らぬ人となりました。

スポニチアネックス」様によりますと仕事関係者の話として
24日は朝から夕方までバラエティー番組「金曜★ロンドンハーツ」
(テレビ朝日系)の収録が行われ、“オネエタレント”の仲間たちと
50メートル走やリレーに挑んでいたそうです。


しかし、「サンケイスポーツ」様によりますとマエケンさんは途中、
「胸が苦しい」と訴えて医務室で休憩する場面もあったといいます。

(無理をしすぎていなかったのか、気になります)

それでも午後4時まで収録に参加し、帰京。

その後、行きつけのイタリア料理店で「海の幸のトマトソースパスタ」と
パンを完食し、注文したコーラ、最後に水を飲んでいたそうですが、
普段に比べると言葉数は少なかったとか。

午後6時58分に会計をすませたものの、体調が悪そうな様子はなかった
そうです。

「東スポweb」様にタレント仲間はこう証言します。

「マエケンはもともと心臓が弱い」

「不整脈なのか、飲みの席で『あ、ヤバイ。心臓がドキドキしてきちゃった』
と言ってうずくまることがあった」


不整脈で通院もしていたというマエケンさん、病院で不整脈が起こり、
点滴を打ったこともあったらしいです。

不整脈の影響で仕事を休んでいたことも。

ツイッターに
「健康は大事、とわかっていながら健康のためにしていることは何一つない。
まだ不摂生を嫌いになれない。不摂生への執着を捨てきれない。そんな44歳」


とも綴っていたという前田健さんですが、44歳の死は若すぎました。

ご冥福をお祈りいたします。

驚きしかない。




(本日も読んでいただいてありがとうございました)

(サンケイスポーツ・スポニチアネックス・東スポweb・スポーツ報知)

関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.