米軍オスプレイ「トモダチ作戦」以来の救援物資を熊本地震被災地へ輸送。 - エンタメ福福

米軍オスプレイ「トモダチ作戦」以来の救援物資を熊本地震被災地へ輸送。

米軍オスプレイ「トモダチ作戦」以来の救援物資を熊本地震被災地へ輸送。

米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ2機が
救援物資を熊本地震被災地へ輸送したそうです!


米海兵隊のMV22オスプレイ2機が山口県岩国市の
岩国基地から熊本空港に隣接する高遊原分屯地
(熊本県益城町)に到着。

時事通信」様によりますと、

『米軍による大地震の被災地支援活動は東日本大震災時の
「トモダチ作戦」以来』


オスプレイの投入は初めてとなります。

『防衛省は陸海空の3自衛隊で構成する統合任務部隊を編成し、
司令部を西部方面総監部(熊本市)に設置。在日米軍と連携する
共同調整所も開設した。』


MV22オスプレイ2機は
『(高遊原分屯地で)毛布や水、簡易トイレなどを積み込み、
午後5時10分すぎ、白水運動公園(熊本県南阿蘇村)の
グラウンドに着陸した。』

『2機の到着を待っていた自衛隊員約70人が約20分かけて
オスプレイから、救援物資が入った段ボール箱を搬出。長野敏也
南阿蘇村村長は機長とみられるパイロットと握手し、感謝の意を
伝えた。』

読売新聞」様には

『熊本県益城町の陸上自衛隊高遊原分屯地に立ち寄り、水、食料、
毛布などを積み込んだ上で、同県南阿蘇村に降り立った。』

『オスプレイは分屯地と南阿蘇村の間を2往復し、計約20トンの
物資を運んだ。』


MV22オスプレイ2機が白水運動公園に着陸した写真を見ましたが、
オスプレイから運び出された山のように積まれた段ボールの数々に
驚きでした。オスプレイ、パワーがあります。


物資が入った段ボール計約20トンをオスプレイ2機2往復で一度に
運ぶことができるのは非常にありがたいのではないかと思います。


オスプレイの長所は「ヘリコプターの垂直離着陸機能」
「固定翼機の高速飛行」


またオスプレイは滑走路が不要なので山間部などでの災害支援に
適しているとのこと。フィリピンを襲った台風や、ネパール大地震などにも
出動した実績もあるそうです。


日本の自衛隊のみなさん、米軍海兵隊のみなさんに感謝!です!
本当にありがとうございます!体に気をつけて作業してくださいね!


よろしくお願いいたします。




(本日も読んでいただいてありがとうございました!!)

(時事通信・読売新聞)
関連記事

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © エンタメ福福 All Rights Reserved.